読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンブルビー通信

独学で英語を習得した勉強法を書いています ときどきドイツ語

ブログは「投資」と考えると面白いかもしれないと思った話


スポンサーリンク

f:id:bbb_network:20140627192447j:plain

先日、知人からとあるネットワークビジネスの集会に誘われました。

 

いまだにそういうのがあるんだな~と感心しつつ、ちょっと興味があったので行ってみました。集会場では、綺麗に着飾った人や大学生と思しき若者がいっぱいで、発表者が決まって「すごくないですか?」という言葉を口にし、それを合図と言わんばかりに拍手が巻き起こるのが非常に印象的でしたね。

 

集会が終わった後で、居酒屋に連れていかれてさらに勧誘を受けましたが、当然断りました。そのビジネスモデルによると、3万円の買い物をすると900円のリターンがあり、自分のグループの売り上げが上がればどんどん収入が上がるんだそうです。

 

この話を聴いた時、真っ先に思ったのは3万円の買い物をして900円のリターンだったら、普通に考えると2万9100円の損になるわけで、3万円以上のリターンを得るためには一体何人を勧誘すればいいんだろうかということでした。すごいビジネスモデルだと息巻く知人やその上の人を見ていて、それだったらブログを書いている方がよっぽどいいんじゃないかと思いましたね。

 

 ブログで「稼ぐ」のは難しいけど、「投資」として考えたら優秀?

定期的にブログからの収益で生活をするというプロブロガーとかブログ飯という話がありますが、実際にブログを書いてみるとブログで「稼ぐ」というのはかなり難しいということがわかります。

 

稼ぐということはそれだけ多くの人から読まれる必要があり、読まれるためには他社から抜き出た何かが必要だからです。ですが、仮に3万円払って900円のリターンを得られるものをビジネスと呼ぶのであれば、ブログはもっと優秀なビジネスであり、投資でもあるんじゃないかと思います。

 

ブログに投資する資源

ブログを投資と考えた場合、投資するものは以下の2つですよね。

 

1.お金

僕のブログの場合、独自ドメインの年間費用とはてなブログProの月額1080円(増税で値上がりしてしまったので)がまずかかります。他には使用している電気代やインターネット接続費とかも計算にいれた方がいいのかもしれませんが、取りあえずはドメイン代とはてなブログPro代と考えます。

 

逆に無料ブログでドメインを取っていない場合、ほとんどゼロと言ってもいいかもしれないですね。(たぶん、ブログを書いていない家庭でもインターネットは接続していると思うので)

 

2.時間

最も大きな投資なのが、時間です。僕は以前、ブログを書くのにだいたい2時間くらいかけていましたが(海外記事を抄訳して書く場合)、それだけで月に60時間が必要になります。だいたい2日半も月に使っていると考えると、かなりの時間を投資していたんだと改めて驚きました。

 

リターンとして得られるもの

では、時間とお金を投資して得られるものは何かと考えると、以下のようなものがあるかと思います。

 

1.お金

アドセンスから、ちょこちょこ収入があるので、まずはこれがリターンとして考えられますよね。

 

2.知識や情報

ブログを書くということで、色々なことを調べるようになりました。アウトプットをするためにインプットを行うので、これも副次的なリターンとして考えてもいいのかなと思います。また、過去の自分がどんなことを考えていたのかというようなログが増えていくのもリターンとしていいでしょうか。

 

3.満足感

ブログを書くということは、楽しくないと続かないですよね。具体的には自分が書いた記事を誰かが読んでくれたという満足感や、文章を書くという楽しさがあるかもしれません。

 

ブログは「投資」と考えると面白い

リターンのところでお金を最初に上げましたが、これは結構大きいんじゃないかと思います。

 

僕は株やFXなどの知識があまり無いですが、仮に銀行の利息から計算し、アドセンスでもらえる報酬額分を貰おうとすると一体いくらくらいの資産になるのかなと、つい遠い目をしてしまいました。

 

ブログを書くということを「未来の自分への投資」と書いていた記事を読みましたが、まさにそんな感じで、これからものんびりと書き続けていければと思います。

 

それでは、また。

photo by LendingMemo