バンブルビー通信

独学で英語を習得した勉強法を書いています ときどきドイツ語

僕のカラーはターコイズ カラーセラピーで使う14色とその意味を訊いてきた


スポンサーリンク

f:id:bbb_network:20131013175643j:plain

 

先月にカラーセラピーのプチ体験をしてきましたが、本日は本格的にカラーセラピーを受けてきました。前回は本来であれば14色の中から4色を選ぶのですが、プチ体験だったので2本だけ選んで行いましたが、今日は4本を選びました。

 

僕が選んだのは、トップ画像の4色です。左からターコイズ、ブルー、ライム、そしてパープルです。左の2本組が本質と過去、真ん中の2本組が現在、そして右の2本組が未来を表すということです。

 

僕の診断結果の前に、まずはカラーセラピーで使う14色を紹介したいと思います。

 

カラーセラピーで使う14色

  1. レッド
  2. コーラル
  3. オレンジ
  4. ゴールド
  5. イエロー
  6. ライム
  7. グリーン
  8. ターコイズ
  9. ブルー
  10. インディゴ
  11. パープル
  12. ピンク
  13. ダーク
  14. クリア

 

14色はチャクラに関係している

上で紹介した14色のうち、パープルまでの11色は虹の7色に間色を含めた色で構成されていて、チャクラに関係しているということでした。チャクラといえばヨガなどでよく使われていますが、ざっくりと言ってしまえばエネルギーの基点のようなものですね。

 

  • 第1チャクラーレッド
  • 第2チャクラーオレンジ
  • 第3チャクラーイエロー
  • 第4チャクラーグリーン
  • 第5チャクラーブルー
  • 第6チャクラーインディゴ
  • 第7チャクラーパープル

 

というのが一般的なようです。僕も鍼灸師なので、東洋医学とか気の概念を知っているので話を聞いていて受け入れやすいものでしたが、そういう概念がない人にはビックリするかもしれませんね。

 

ここに含まれなかったピンク、ダーク、クリアの3色はさらにスピリチュアル傾向が強い色で、悩みが酷い人であったり、逆に悩みがない人が選びやすいということでした。

 

他にも東洋医学の陰陽五行論につながる話や、補色というように深い話があるようでしたが、僕が理解できたのはここまでです。

 

僕はペルソナを被った人らしい

最初に戻りますが、僕が今回選んだ4色はターコイズ、ブルー、ライム、パープルの4色でした。これらから受けた診断結果としては以下のようになります。

 

ターコイズ:束縛を嫌って自由奔放に生きていたい

ブルー:女性的な要素が多く、世間体を気にして他人の前で冷静な振りをしている

ライム:芽吹きの春の色であり、スタート地点に立っている

パープル:感性やスピリチュアル的な要素を持っている

 

というのが色からの診断でした。簡単にまとめてしまうと、過去は自分の本質を世間体によって抑圧していたが、現時点ではようやく自分の本質に近付くためのスタート地点に立っていて、未来は自分の感性を素直に表現していく方がいいというものです。

 

この後でビックリしたのは、僕は喉が弱いということもこの色から分かるんだそうです。僕は確かに風邪をひくとすぐに喉が痛くなったり、声が通らないので大声を出そうとすると声が潰れるという厄介な喉をしているんですが、先ほど上で紹介したように喉のチャクラである第5チャクラと関係のあるブルーから僕の弱点が分かったようですね。

 

商売人気質か職人気質か ブログを書くということ - バンブルビー通信商売人気質か職人気質か ブログを書くということ - バンブルビー通信

 僕の実家は個人商店を営んでいます。 自宅と店舗が半分ずつというような形なので、気付いた時にはプライバシーというのがあまりありませんでした。...

 

こちらの記事でも書きましたが、実家が自営業だったので世間体や人目を物凄く気にして思っていることを言えないということがありましたが、それが喉のチャクラにも影響しているとのこと。その言いたくても言えずに喉につっかえていることが、喉のチャクラを弱らせているんですね。

 

もう1つは、パープルを選ぶ人というのは人の話を聞いているようで聞いていないというところがあるそうです。これは僕も自覚があるので指摘された時には絶句してしまいましたが、確かに人の話を聞きながら同時に頭の中で考えが浮かんできてしまうということがよくあります。

 

詳しい理由もあるようでしたが、聞くことができませんでした。もしくは聞いたのかもしれませんが、聞いているようで聞いていなかったのかもしれません。。。

 

 

まとめ

 

東洋医学もそうですが、現代医学のように物質的な根拠よりも長年の人類の経験というものから導き出された概念というのが重要になっているようです。いわゆるおばあちゃんの知恵袋のようなものの集大成が東洋医学だと思っているので、こういう話は感覚的に納得してしまいました。

 

今回の診断でもあったように、僕は自分の考えをブログでも書くのが苦手でした。最近は自分の意見や体験を書くようにしていますが、まだまだ緊張というか怖さを感じてしまうので、もっと自由に表現していけたらなと思います。

 

久しぶりに東洋医学的な内容の話もできたので、とても有意義な時間でした。僕も鍼灸師の端くれとして、今後は何かしらの形で東洋医学的なことも書いていければと思います。

 

最後に、本日お世話になったカラーセラピストのFacebookページはこちらです。

 

それでは、また。