バンブルビー通信

独学で英語を習得した勉強法を書いています ときどきドイツ語

時間を取るか、収入を取るか 恒産なくして恒心なしとは言うけれど。。。


スポンサーリンク

f:id:bbb_network:20130925005018j:plain

 

以前勤めていた会社には明確な繁忙期というものがありませんでしたが、今の会社では3カ月ごとに明確な繁忙期というものが訪れます。

 

不思議なもので、それまで普通に帰れていたのが帰れなくなり、今日も結局パソコンを閉じたのは23時を過ぎた頃でした。職場が家から近いので、帰って来てお風呂に入り、そしてまた自分のパソコンを広げてブログを書いています。

 

自分で言うのもなんですが、物好きだなぁと思いますね。先日の記事で紹介した、松本清張賞の山口恵以子さんの言葉で「恒産なくして恒心なし」という言葉がありました。

 

安定した収入が無いと、安定した心を保つことが難しいというものですね。確かにイギリスでフリーランスをしていた時というのは、お金のことが気になったり、仕事のことが気になって落ち着かないということがありました。

 

日本に戻って来て会社勤めに戻ると、収入の面では安心ですが、ライターとしての活動やブログなど、自分で使える時間が減ってしまいました。時間を取るか、収入を取るか、それが問題ですね。

 

よく、お金は取り返せるけど時間は取り戻せない。だから時間を有効活用しようというような言葉がありますが、そうは言ってもお金が無いと生活していくのに困ります。

 

イギリスは物価が高いと言われていますが、実は食品や光熱費など、生活に必要な費用は日本よりも安かったので、贅沢さえしなければ余裕を持って暮らせていました。日本は全ての物価が高いので、戻って来てから何でも高いと思うようになってしまいました。

 

いっそ森の中で自給自足のような生活をしてみたいとも思いますが、無理なのでやめておきます。また繁忙期が終わったら、心行くまでブログを書きたいと思います。

 

それでは、また。