読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンブルビー通信

独学で英語を習得した勉強法を書いています ときどきドイツ語

<パーキンソンの法則>時間を短縮して生産性を高められないかと考えた話

雑記 雑記-人生 雑記-働き方

スポンサーリンク

Time

最近はこうしてブログを書く時間を確保できるようになり、とても充実しています。もともと文章を書くことが好きだったこともあり、ブログに割く時間が増えてきました。好きなことをできる時間はとても幸せですが、産能大学の勉強やTOEICの準備もしなくてはならないため、自分の時間をどう管理するかを考えるようになったんですね。

 

そんな折、タイムマネジメントに関する情報を探していると「パーキンソンの法則」という耳慣れない言葉を見つけました。この法則を調べてみると、自分にも当てはまると思いました。そのことについて、紹介したいと思います。

 

パーキンソンの法則とは?

パーキンソンと聞くと、医療系の学校を出た人間としてはパーキンソン病を思い浮かべてしまいました。手足が震えたり、筋肉がこわばったりして運動が困難になる病気ですね。しかし、パーキンソンの法則は全く違っていました。

 

パーキンソンの法則は英国の歴史学者・政治学者であるシリル・ノースコート・パーキンソンが提唱した法則で、大きく分けて2つあるようです。

  1. 仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する
  2. 支出の額は、収入の額に達するまで膨張する

このどちらも思い当たる節がありますが、今回は第1の法則である「仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する」について書きたいと思います。

 

ブログを書く時間について

僕がブログを書いているのは、基本的に就寝前か起床後から仕事へ行くまでの間のどちらかでした。先日からなるべく朝早く起きて書くようにしていますが、残業がなくて早く帰宅できた時には夜にも書くようにしています。

blog.bumblebee-network.com

このブログを書いている時間の中で、不思議だなと感じていることがありました。

 

時間に余裕を持って書き始めると、書き終わるのが遅い

就寝前にブログを書き始めた場合、僕は12時までには書き終えるように考えています。そのため、9時から書き始めたら3時間、11時から書き始めれば1時間がリミットになるわけです。だいたい毎記事1,500文字から2,000文字くらいで書いているので、極端に短くなったり長くなったりはしていないのですが、書き終わるまでの時間が異なっているなと感じていました。

 

だいたい平均値は40分くらいで1記事くらいなので、3時間もあれば4記事くらいかけてしまいそうですが、実際には1記事しか書けていなかったんですね。時間に余裕があると思うと、つい他のことに気を取られてしまい、結局書き終わるのは9時から始めた場合も11時から始めた場合も同じくらいということがありました。

 

これは生産性として、非常に効率が悪いんですよね。どうしてなんだろうかと思っていたところ、パーキンソンの第1の法則を見つけたわけです。つまり、「仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する」と。

 

会社の仕事でもそうかもしれない

考えてみると、会社の仕事でも同じかもしれないと思いました。上司から仕事を頼まれた場合、期日を伝えられますよね。その際に3日後とかになると、初日はちょっと手をつけてみるだけで終わり。2日目はそれをもう少しいじってみる。3日目にようやく本気になる。

 

こんな感じになってしまうことってよくあるんじゃないかと思います。得意なことであれば、受けた日に完成させて提出するということもしますが、自分がやりたくなかったり苦手なことだと、こんな感じで時間をかけてしまっていました。

 

これも上司から当日中にやってくれと頼まれたら1日で終わり、1週間でやってくれと頼まれたら1週間かかるということになるんでしょうね。生産性を高めるためには、納期を短く見積もっておいた方がいいのかもしれないと思いました。

 

まとめ:納期は短めに決めておく

勉強では試験日まで、仕事であれば期日までの見積もりを、常に短めに決めておくことで時間を短縮できるかもしれないと思いました。今の僕が時間の使い方で一番影響を受けそうなのは、やはりブログの記事を更新することです。

 

仮に3時間の余裕があったとしても、1記事を書くのに使えるのは40分だけと決め、それ以上かからないように時間を管理してみたいと思います。そうすれば残りの時間を勉強にも割り当てられるので、効率的に時間を使えそうです。アラームを設定しておくのもいいかもしれないですね。

 

ちなみにこの記事はすでに意識をして書くようにしていて、40分以内で書き上げることができました。人生の中で時間は有限なので、しっかりと上手な使い方をマスターしたいですね。

 

それでは、また。