バンブルビー通信

独学で英語を習得した勉強法を書いています ときどきドイツ語

サードブロガーでも書き続ける理由 「ただ、先が見たいだけ」


スポンサーリンク

f:id:bbb_network:20131023234400j:plain

 

はてなブログの旬のトピックに「サードブロガー」というトピックが載っていました。

 

アクセス数があり、影響力のあるブロガーのことをアルファブロガーと呼び、アメブロ界隈ではそういうブロガーのことをパワーブロガーと呼ぶと認識していましたが、実際のところは僕も深く考えたことがなく、ただ漠然と凄い人たちなんだろうと思っていました。

 

 

では、このブログはどうなんだろうかと思った時、こちらの記事で光栄なことにバンブルビー通信もサードブロガーとして紹介して頂けました。

 

新しいイスを用意できる人、イスの幅を広げることができる人がサードブロガー - はてブのまとめ新しいイスを用意できる人、イスの幅を広げることができる人がサードブロガー - はてブのまとめ

サードブロガーが話題になってるので私見的なことを書いておく。サードブロガ&#...

 

そこで、あくまでも個人的なログとしてこの記事を書こうと思った次第です。

 

好き勝手に書いているサードブロガー

今回、ポナコさんのサードブロガーの条件として開設から1年以内というものがありました。はてなブログに引っ越してきてからは2か月も経っていませんが、ブログを書くということ自体はかれこれ去年から行っていたんですよね。

 

ただし、その時のアクセス数は今の10分の1以下でした。WordPressで更新していたこともあって、最初のうちは本当に1ケタの訪問者数が続き、何のためにブログを書いているのか分からなくなっていましたね。

 

そこで、海外のライフハック記事を翻訳して紹介するということを始めた結果、アクセスは月間3万PVくらいになり、これから頑張るぞと思ったところでハッキングに遭ったわけです。

 

その時はかなり落ち込みましたが、今考えてみるとハッキングに遭ったおかげではてなブログに引っ越すことになりましたし、ブログを書くということがとても楽しくなりました。以前は翻訳した記事でないと読んでもらえないと思っていたんですが、今は自分の体験や英語の名言に関連した記事も読んでもらえているので、とても楽しいですね。

 

そうした意味で、僕は遅れてきたブロガーというよりは、好き勝手に楽しんでいるブロガーだと思っています。

 

ブログを書く理由は、「ただ、先が見たいだけ」

仕事から帰ってきて、それからまたパソコンを開いてブログを書くというのは楽しい半面、辛い時もあります。

 

書きたい時に書くというのは簡単ですが、僕は書けない時でも書くということを自分ルールとして掲げています。それは他人から見ればくだらないことのように思えますが、自分ルールというのは破ってしまうと意外と自責の念が起こるんですよね。

 

サードブロガーのくせに、どうしてそうまでして書こうとしているのかというと、ただ先が見てみたいからです。

 

最初にブログを書き始めた時は、1日のアクセス数が100を超えただけで喜んでいました。もし1日に1000アクセスが来たらどうなるんだろうと胸を躍らせましたが、今はそれが当たり前になりました。

 

1日に1万アクセスを超えたら、きっと悟りを開いて世の中の出来事に対して達観した物の見方をすることが出来るようになり、心は常に平穏で健康な肉体を持ち、幸せになれるんじゃないかという幻想を抱いていましたが、1日に2万アクセスを経験しても世界は特に変わりません。

 

ただ1つ変わったことと言えば、普段より違う高さに立った時、さらにその上がはっきりと見えるようになるということでしょうか。山の下から見上げると、どの山も高いとしか見えません。それでも、いざ山に登ってみると、その山よりも遙かに高い山があることが分かります。

 

ただ漠然とアルファブロガーって凄いなと思っていた人たちが、実際にはどれくらい凄いのかということが実感として分かるようになるという感じでしょうか。それは挑戦をする前から「今からブログを書くのは遅すぎる」と諦めていたら、見えてこなかった景色だと思います。

 

僕はブログが成長して行った時、自分の見方がどういう風に変わるのかが知りたいです。ブログは最高で257記事までしか書いた事が無いんですが、500記事書いた人はどう見えているのか、1000記事ではどうなのかということが知りたくてたまらないですね。

 

これから先、まだまだたくさんのマイルストーンがあるので、それを1つずつ達成して行くのがとても楽しみです。

 

継続は力なり プロになれなくたっていいじゃない

僕は小学校で野球を始めた時、夜は毎日バットの素振りを200本すると決め、実行していました。プロにはなれませんでしたが、中学校の時は都大会でベスト8に進むチームのクリーンアップを打ち、自分なりに満足することができました。

 

20歳から英語学習を始めた時はまだ学生だったこともあり、毎日夜の9時から12時までを英語の勉強に使うと決め、それも実行しました。同時通訳者には慣れませんでしたが、今は英語に関わる仕事に就き、自分なりに努力してよかったと思っています。

 

それと同様に、ブログを書き続けることはイコールでプロになりたいということではないと思っています。継続は力なりという言葉があるように、サードブロガーであっても継続して書き続けることで、きっと満足できる日が来ると思っています。

 

アルファブロガーだとかサードブロガーだとかいうよりも、僕はブログを人生の中で3番目に真剣に取り組んでいることにしたいと思っています。1年後でも半年後でも、振りかえった時にこの記事を読んでどう考えているのか、その時を想像することも楽しいですね。

 

バンブルビー通信は今後もこういう青臭い記事を書いているのか、それとも3カ月後くらいには毒を吐きまくっているのか、分かりませんが、その時までしっかりとブログを更新していたいと思います。

 

それでは、また。