読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンブルビー通信

独学で英語を習得した勉強法を書いています ときどきドイツ語

ブログ開設から43日目で総アクセス数が10万を超えた はてなブログはやっぱり楽しい

雑記 ブログ ブログ-はてな

スポンサーリンク

f:id:bbb_network:20131008225131j:plain

とっても私事ではありますが、はてなブログ開設から43日目で総アクセス数が10万PVとなりました。

 

はてなブログに移ってくる前のWordPressでは、半年間更新していて10万PVも行かなかったような気がするので、はてなブログはやっぱり凄いですね。何が凄いって、ブロガー同士の言及頻度です。

 

WordPressでブログを書くというのは基本的に無人島生活のようなものなので、他のブロガーとの干渉というのはあまりありませんでした。あるとすれば、いわゆるトップブロガーたちの世界だけであり、僕のような弱小ブロガーは他のブログとほとんど関わりがなかったですね。

 

それがはてなブログに引っ越してからは、よくも悪くも多くのブロガーから言及をされるようになりました。今日に至っては、把握できているだけでも4人からブログで言及され、とても嬉しく思います。(お知らせが最大20個までなのを増やして欲しいところですが)

 

言及してくれたブログ

ブログはスタンド!あなたのスタンド特性を把握してアクセスアップだ! - マトリョーシカ的日常ブログはスタンド!あなたのスタンド特性を把握してアクセスアップだ! - マトリョーシカ的日常

オラオラです。id:bbb_networkさんがこんな記事を書いていた。ブログはスタンドなのか ブログの特性がどう育っていくのかが楽しみ - バンブルビー通信&...

スタンドとブログの類似点を分かりやすくまとめて頂きました。僕のブログは遠隔レビュー型なのか、近距離炎上型なのか今のところ曖昧ですが、自分のブログの特性を掴んでいきたいと思います。

 

 

ブログは「スタンド」というより、「ペルソナ」っぽい - SwatzLaboブログは「スタンド」というより、「ペルソナ」っぽい - SwatzLabo

Gunosyで以下の記事を読んで、「ブログ=スタンド」という話題について知りました。「ブロガーはスタンド使い」って中二病っぽいけど、好きな表現です。ブログはスタ...

こちらの記事では、ブログが自分の能力の具現化ではなく、普段表現できない自分の思いや考え方を伝える場、それがブログだという考え方です。本当の自分をさらけ出すというのは、確かにスタンドの考え方にはなかったので、勉強になりました。

 

 

イニシャルB―あるいはゴカイとウミガメは恋をするか - masahusaの日記イニシャルB―あるいはゴカイとウミガメは恋をするか - masahusaの日記

先日、バンブルビー通信(id:bbb_network)さんのブログはスタ&#...

こちらの記事は僕の記事にブコメを書いてくれたことの補足としての記事になります。村上春樹さんのインタビューが元ネタになっていた模様。ゴカイとウミガメの話がとても素敵で、むしろ僕の記事は関係ないんじゃないかと思えてしまうくらいに繊細な内容でした。

 

 

厨二病をこじらせ過ぎて、「雪ソムリエ」になった話 - 自省log厨二病をこじらせ過ぎて、「雪ソムリエ」になった話 - 自省log

バンブルビー通信さんより素敵なお題を振っていただいた。「厨二病」に関するエピソードだ。厨二がい&#x30...

ここまで「ブログはスタンド」の記事についての言及でしたが、最後にツベルクリン良平さんは僕の厨二病の記事に対して、返信エントリーを投稿してくれました。

 

僕の記事の中で、同年代のツベルクリン良平さんの厨二病エピソードを読みたいという風に投げっぱなしジャーマンスープレックスを決めたところ、しっかりと受け身をとってくれたようです。雪ソムリエという新たな世界観と、何よりも小学生で厨二病を発症したというマセガキっぷりがとても面白い記事でした。

 

まとめ

はてなブログではこうやってブロガー同士が気軽に言及し合い、記事を創っていくというところがとても楽しいと思います。当然、中には批判のために言及されるということもありますが、それも含めて色々な人とつながっていけるのが面白いと思います。

 

僕が書いた「ブログはスタンドなのか」という記事も、もともとは情報学の情緒的な私試論βというブログの池田仮名さんのコメントがきっかけでした。色々な考え方や思考に触れられることも、はてなブログの楽しさの1つだと思います。

 

次は総アクセス数で100万PVを超えられるように、記事の更新を続けていきたいですね。

 

それでは、また。