読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンブルビー通信

独学で英語を習得した勉強法を書いています ときどきドイツ語

第190回 TOEICテストを終えた感想と次回への課題

英語関連 英語関連-TOEIC

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/24128704@N08/8016556298

 

5月25日に行われたTOEICテストを、およそ5年ぶりに受験してきました。

 

今日は6月5日なので、今さら感はありますが、TOEICテストを終えた感想と次回への課題を備忘録として書き残しておきたいと思います。

 

5年前に受験をした時は、まだ学生だったこともあり、会社で使う英語というのにあまり親しみがありませんでした。それに対し、業務で英語を使用する部署に在籍していた経験のある今回の受験では、やはりリーディングやリスニングで使われる英語に馴染みのあるものが多く含まれていましたね。

 

今回の受験で一番失敗したと感じたのが、リスニングの第2パートです。

問題文のない第2パートが鬼門

5年前のリスニングでは475点だったので、今回はあまりリスニングの勉強をあまり行わずに本番を迎えました。

 

イギリスに半年ほど滞在していたこともあり、以前はアメリカ英語以外は聴き取りづらく感じていましたが、今回はイギリス英語やオーストラリアなどの英語も聴き取りやすく思えました。

 

第1パートは写真を見て最も適切な描写がされている英文を選ぶという形式で、第3、第4パートは会話形式と長文リスニングの回答を選択肢から選ぶというものです。それに対し、第2パートは質問に対する適切なレスポンスを聴き取るという問題となっています。

 

今回、ここでリスニングの最中にふっと別の問題のことを頭に浮かべてしまったことで、集中力が切れてしまった問題が3問くらいありました。普段から空想癖があるのですが、こういう時にはとにかく「いま」に集中しなければいけないと思いましたね。

 

次回の課題:第2パートに集中する

次回のTOEICテストは6月22日にあるようです。

 

第190回の結果発表は、インターネット上では一週間ほど早く5月16日には見ることができるようです。その結果を持って、6月22日の試験に再挑戦したいと思っています。

 

前回の反省点は、リスニングにおいて集中力が切れてしまったことなので、次回はとにかく1問に対して真剣に集中をして臨みたいと思います。今年の目標の1つであるTOEIC900点を突破できるように、あと少しですが頑張りたいですね。

 

それでは、また。

photo by `James Wheeler