読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンブルビー通信

独学で英語を習得した勉強法を書いています ときどきドイツ語

物事を継続させるコツ 減点法じゃなく加点法で考えること

雑記 ライフハック 雑記-人生

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/55043824@N00/4785218372

 

先日、会社の同僚と飲みに行った際、こんな話が飛び出しました。

 

ある同僚は他人に対して「好き」か「どうでもいい」かの二択であるのに対し、僕は「好き」か「嫌い」かで判断をしているという話です。その同僚は基本的に「どうでもいい」ところから始まり、何かプラスのことがあれば「好き」になっていくという加点法で考えていました。

 

一方、僕は基本的に「好き」から始まり、相手から嫌なことを言われたりしたら「嫌い」になっていくという減点法で考えているということが分かりました。その時の話は会社の上司や同僚に対しての話だったので、それほど膨らみませんでしたが、ふと思い返してみると、この考え方の違いは人間関係だけではなく、僕の習慣にも影響しているということに気付いたわけです。

 

日記を継続させることができなかった理由

僕はブログも書いていますが、手書きで日記をつけたいとずっと思っていました。だいたい年末くらいに11月始まりのデスク・ダイアリーを購入し、わくわくしながら新年をむかえるのですが、大抵1月中には日記を書かなくなってしまいます。

 

その日のうちに書けなかった日付があると、基本的には次の日に書いたりしていましたが、空欄が続いてくると、だんだんとやる気がなくなってしまい、ついにはそのまま本棚に眠るか捨てられるかのどちらかでした。

 

これは僕が減点法で考えているからなんだと思います。日記を始めるとなった時、最初にイメージするのは365日、連続で日記を書き続けた自分の姿です。

 

その理想を達成するためには、もちろん毎日書き続けなければいけないわけですが、1日でも書けなかったりすると、その理想から減点されてしまいます。その結果、自分の理想が達成できないと嘆き、日記を書くことを止めてしまっていました。

 

加点法で考えると、全てがプラスになってくる

それを逆に加点法で考えてみると、全く違った見え方がしてくることに気が付きました。毎日欠かさずに日記を書かなければいけないと考えていたことが、逆に日記を書けたらプラスだと加算されていくように感じるんですよね。

 

実際、1年前の自分は日記を1週間くらいしか書けていませんでしたが、今年になってからはかれこれ4カ月も続いています。もちろん、その間には1週間以上空白があったり、日付が飛んでいたりしますが、それでも確実に以前より継続できるようになりました。

 

禁煙や禁酒も同じ、加点法で考える

禁煙や禁酒というように、習慣化している行動を止める時にも加点法の考え方は使えるんじゃないかと思います。タバコを吸わないで何日経過というように、継続日数をカウントしていきますが、そこで吸ってしまった時に全てがリセットされてしまうという風に考えると、リセットした時の反動が物凄く大きいような気がします。

 

それが逆に、今まで毎日タバコを吸っていたのが何日も吸わないでいることができたんだと考えることができれば、次はもっと伸ばそうというように前向きになれるんじゃないでしょうか。

 

これからは加点法で考えていきたい

真ん中がいちばんいい 週に8日働いて考えたこと - バンブルビー通信真ん中がいちばんいい 週に8日働いて考えたこと - バンブルビー通信

昨年末から滞ってしまったブログの更新ですが、調べてみると今日の更新は136日ぶりになるようです。何ともったいない時間を過ごしていたんだろうかと思いますが、どうに...

 こちらの記事で書いたとおり、僕もブログ更新を136日も滞らせてしまいました。

 

日記と同様、ブログは毎日書くものだという理想の姿があったからですね。思い返してみると、ブログ更新を止める1週間くらい前から毎日更新が2日に1回から3日に1回くらいになり、そして止めてしまいました。

 

これからも毎日更新が難しい時があるかと思いますが、それでも記事が1つずつ着実に増えているというように、加点法で考えていきたいと思います。同じように、人間関係に対してもすぐに相手の嫌なところを減点していくのではなく、良いところを加点していけるようにしたいですね。

 

それでは、また。