読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンブルビー通信

独学で英語を習得した勉強法を書いています ときどきドイツ語

これであなたもストーリーテラー? Pixarが大切にしている物語を書くための22のルール


スポンサーリンク

f:id:bbb_network:20130919000504j:plain

 

みなさんは物語を書いてみたいと思ったことはありますか?

 

僕は直木賞作家からの教えという記事の中で、かつては短編小説を書いたということを話しました。今となってはまったく創作というものを行っていませんが、それでも小説家とか物語を作るということに対しての憧れは残っています。

 

今回、ディズニー映画の中でもCGを使って数々の名作を生み出しているPixarという会社のストーリーテラーが大切にしているという、物語を書くための22のルールというのを見つけました。

Pixarと言えば、トイストーリーやモンスターズ・インク、ファインディング・ニモなど、人間以外のキャラクターが活躍している印象がありますよね。そこで、こういった物語はどうやって生み出されているのかがとても気になったので、紹介させて頂きます。

 

Pixar's 22 Rules of Storytelling

1.キャラクターが物語の中でいかに成功するかということよりも、いかに障害にぶつかっていくかを意識すること

これは小説作法の1つでもありますが、主人公が困難にぶつかればぶつかるほど読者を引き込めるということを聞きました。主人公は自分の分身なので、つい甘やかしてしまいがちですが、それよりもどんどんと障害にぶつけた方がいいということですね。


2.自分が書いていて楽しいかということよりも、読者や視聴者が興味を持つかということを常に意識すること

この2つはとても違いますね。書いている物語に読者が1人でもいるなら、その人が楽しめるかということを考えた方がよさそうです。


3.テーマを大切にすること

物語を書き終えるまで、テーマというのな何なのかがハッキリと見えてこないことがあります。そんな時は、書き終えた後、テーマをしっかりと確立させるために修正や加筆を加えましょう。

 

4.時には型にはめてみること

昔々、あるところに___がありました。毎日___。ある日、___。それによって___。最終的に___。

 

 

5.単純化し、集中すること

キャラクターや物語のサイドストーリーなどを極力減らすことで、逆に物語を自由に動かせるようになるということです。


 
6.主人公と対立するキャラクターを出すこと

これはどんな物語でもそうですが、かならず主人公とは異なった価値観を持った相手が出てきます。トイストーリーではウッディとバズのような感じですね。

7.先にエンディングを決めておくこと

書いている途中でエンディングを決めるのではなく、迎えたいエンディングに向かって途中のを書いていきましょう。

8.物語を最後まで書き上げ、完結させること

小説を書く上で「駄作を書け」という言葉があります。途中で書くのを止めてしまった物語は「駄作」ですらないので、とにかく完結させることが大切です。そうすることで、次回は良作が書けるかもしれません。


9.次に”起こらないこと”リストを作ること

書いている途中で詰まった時は、次に何を起こそうかと悩むよりも「何が起こらないのか」ということを考えた方が近道になります。

 

10.自分の好きな物語の展開と切り離しておくこと

好きな物語の展開をつい使いたくなってしまいますが、自分が書こうとしている物語にそれが当てはまるのかということを考えましょう。


11.アイディアをまずは紙に書き出してみること

頭の中で浮かんだアイディアは他人と共有することができません。まずは紙に書き出し、人にアイディアを見せてみましょう。

 

12.頭に浮かんできた順番に囚われないこと

最初のアイディアや2番目などというような順番を気にしないことで、自由にアイディアを考えることができます。


 

13.キャラクターには個性を与えること

柔軟で受け身なキャラクターは書くのに楽ですが、読者にとっては魅力がないキャラクターとなります。強烈な個性ほど読者に愛される結果となります。

 

何だかブロガーと同じですね。個性のある方が好かれるようです。


 

14.なぜこの物語を書かなくてはいけないのかという問いに答えを持つこと

自分がどうしてこの物語を書かなくてはいけないのかという答えが、詰まった時に書き進める原動力となり、また物語のコアとなります。

 

15.もし自分がキャラクターだったらどう感じるかということを大切にすること

自分がこのような状況に陥ったらどのように感じるだろうか。そういうことを考え、実際に書くことで、ありえない状況で信憑性を持たせることができます。

 

16.もしもキャラクターが成功しなかったらどうなるかということを決定しておくこと

キャラクターが成功できなかった場合にどのような事態に陥るのかということを詳細に決めておくことで、より緊迫感が生まれます。

 

17.無駄なことはないと信じること

どんな文章を書いたとしても、それが無駄になることはありません。今回うまくいかなかったら、次に活かせばいいというだけのことです。

 

18.自分自身を知ること

物語を形成するために、自分はどんな人間なのかということを知っておく必要があります。どんなことが好きで、どんなことが嫌いなのか。

 

どんなことが得意で、どんなことが苦手なのかなど、自分を深く知ることで物語に深みを与えることができるんですね。

 

19.偶然には2種類あるということ

困難に陥ってしまう偶然は物語を作る上でとても素晴らしいものですが、困難から抜け出せてしまうような偶然は単なるチートです。

 

20.嫌いな映画をリスト化すること

好きな映画の要素を考えるのではなく、嫌いな映画をリスト化します。そして自分が嫌いな理由を明確化し、それを好きになるためにはどうなればいいのかを考えることです。

好きな作品には思い入れが入ってしまっているので客観しすることが難しいので、嫌いな映画を分析することも勉強になります。

 

21.キャラクターになりきるということ

15. と似ていますが、キャラクターが置かれている状況を客観的に見ているというような状態であれば、いい物語を書くことができません。自分がそのキャラクターとなり、状況をどうやって打破するのかを考える必要があります。

22.物語の本質は何なのかを知ること

自分が書こうとしている物語の本質をひと言で説明するならどうなるのかということを決めておくことが大事です。そうすることで、そこから物語を組み立てていくことができます。

 

まとめ

以上、Pixarが大切にしている物語を書くための22のルールをご紹介しました。以前に小説作法で勉強したようなことが多くあり、やっぱり物語を書くということには共通なものが多いんですね。

 

書くのに詰まった時、次に何が起こらないのかを考えるというのは初耳だったので、これは色々な分野で使えるかもしれないと思いました。物語を書きたいという人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

それでは、また。

 

P.S.

この記事はWordPressでブログを書いていた時の再投稿になります。本家の方がサーバー解約でリンクが死んでいるので、はてなブログで復活させました。