バンブルビー通信

独学で英語を習得した勉強法を書いています ときどきドイツ語

生命の起源 なぜ地球上の生命体は炭素をメインで使っているんだろうか?


スポンサーリンク

f:id:bbb_network:20130914183728j:plain

 

僕は理系とは程遠い脳の構造をしているようです。

 

まず地図を読むことが出来ないし、頭の中で図形を回転させるということが苦手です。僕は理系ではないという断りを入れてから、本題に入りたいと思います。

 

先ほどケーブルテレビで”もしも宇宙人が地球に攻め込んできたらどうなるか”という内容の海外のシュミレーション番組が放送されていました。僕はこの広大な宇宙には宇宙人はいると思いますが、光の速さで何千年もかかる距離からやってくる技術を持っている宇宙人だとしたら、地球人は勝ち目ないですよね。

 

その番組の中で、負傷した宇宙人を捕獲する場面がありました。体の構造を調べるためにメディカルチェックを施そうとするのですが、その際に専門家として語っている人が「もしも宇宙人の体の組成が我々と同じように炭素をメインとしていたら」という発言をします。

 

そこで、理系ではない僕の頭の中でふとした疑問が生じました。よく、太陽系では地球しか生命の生存に適さない環境だと言います。

 

液体の状態で水が豊富に存在しているからというのが理由ですが、ということはもともと生命体というのは地球型の環境に適応するように設計されていたのだろうかということです。

 

すべては決まっていて、人間は法則を見つけている

物が高いところから落ち、赤と青を混ぜたら紫色になるように、自然界のあらゆるものにはすでに答えというか結果が決められていますよね。人間が「じゃあ、白と黒を混ぜたら灰色になることにしようぜ」と決めたわけじゃない。

 

電球もエジソンが発明しましたが、それは「このフィラメントに電気を流したら光ることに決めた」と言って決めたわけじゃなく、何回も実験を繰り返して電球に適したフィラメントを”見つけた”というのが正しいと思います。

 

そうなると僕たち生命体というのも、もともとアミノ酸を主原料としてたんぱく質を合成し、地球型の酸素と水を必要とする存在として決められていたのかなと思ったわけです。

 

というより、たんぱく質をメインに体を構成するというのを”たまたま”地球型生命体が進化の過程で選んだのか、それとも生命体はすべからく、たんぱく質によって構成されると決められていたのか。

 

そんなことを漠然と考えていました。生命の起源というのも、いずれ解き明かされる時が来るんでしょうか。僕が生きている間に答えが見つかってくれればありがたいですが、やっぱり難しいんでしょうね。

 

みなさんが考える生命の起源はどんな感じでしょうか。はてなブログには理系の方が多いので、凄い意見を聞けるんじゃないかと楽しみにしています。

 

それでは、また。