バンブルビー通信

独学で英語を習得した勉強法を書いています ときどきドイツ語

ライフハック、英会話、ダイエットは癒しの三大神器


スポンサーリンク

f:id:bbb_network:20130928090425j:plain

 

僕のブログ名は不可能を可能にする昆虫であるバンブルビーにあやかって付けました。

 

それだけでもう”意識高い系”なんて言われてしまいそうですが、さらにサブタイトルには「ライフハック&海外ニュース」という名字が付きます。当初は海外のニュースやライフハック記事を中心に紹介していくつもりだったので、このような名前になりましたが、他のブロガーとのやり取りの中ではてな界隈ではライフハックは好まれないというような話を聞きました。

 

ライフハック、英会話、ダイエットなどにブックマークを付ける人は多いですが、その後に実際に行動に移す人が少ないので、無駄だと思われているようです。ですが、僕はライフハックや英会話、ダイエットなどの記事のいいところは、癒しにあると思っています。

 

ダイエット本は究極の癒しなのか

名前は忘れてしまいましたが、あるコミックエッセイの中で姉がダイエットの本を読み終わった後、実践せずにスイーツを食べ始めたというシーンがありました。それを見た弟が「ダイエットするんじゃないの?」と質問をするんですが、それに対して姉が答えたのは「ダイエット本は究極の癒し」というものでした。

 

なぜならどんなに太ったとしても本に書いてあることを実践したなら痩せることができるという安心感を手に入れられたからだということです。この考え方に対し、少なからず僕も共感をしてしまいました。

 

英会話は独学で勉強したので、あまり他人の英会話学習法というのを読んだことがありませんが、ライフハックなどの記事はついつい読んでしまいます。読んでいる間、これを実践すれば生産性が上がるんだというような安心感を手に入れられるという点では同じなんですよね。

 

きっと英会話に関しても、英語を話せるようになったら新しい世界が待っているというようなイメージを持つことができるので、やっぱりこれも癒しになるんじゃないかと思います。

 

行動が大事だけど

もちろん、ライフハックを読んで満足をして、行動に移さなければ意味がないというのは正論だと思います。

 

それにも関わらず、巷ではライフハックや英会話、ダイエットに関する教材や本が溢れているのは、やはりそれが癒しだからだと思います。車を購入する時、実際に手に入れた時よりも選んでいる時が一番楽しいというのは誰もが言うことですが、英会話やダイエットに関しても少なからずそういう面があるんじゃないでしょうか。

 

僕が英語を独学で勉強した時、英検2級を取れば世界が変わると思っていました。ですが、実際に取得してみても思ったように英語力は付いていなく、その後TOEICで870点を取ると実際の会話力の不足を感じ、紆余曲折を経て今では仕事で毎日英語を使うようになりましたが、劇的に英語に対する感覚が変わったというようなことはありませんでした。

 

それでも、自分が所属している世界とは違った世界観を夢見ているのはとても楽しく、心躍るものだと思います。

 

希望を持つことができる

例えば生産性を上げるという記事を読んだ人の仕事が単調作業だったとして、その人にとって意味が無いと決めつけることはできないんじゃないでしょうか。毎日石ころを拾うだけの仕事があったとして、この先も落ちているのは単なる石ころだと思って仕事をするのと、もしかしたらダイヤが落ちているかもしれないと知らされて石ころを拾うのではモチベーションが違ってきますよね。

 

ライフハックや英会話、ダイエットに関する記事を読み、実践して結果を出すというのが一番いいのかもしれませんが、それだけが全てではないと思います。読んだ人が次の日に少しでもやる気を感じてくれたのであれば、ライフハック記事の意味はあるんじゃないでしょうか。

 

そういうわけで、最近はあまりライフハック記事を紹介できていませんが、またいい記事を見つけたら紹介していきたいと思います。そして、僕が実践してきた独学の英語勉強法も誰かの参考になるかもしれないので、そのうちに紹介していきたいですね。

 

それでは、また。