バンブルビー通信

独学で英語を習得した勉強法を書いています ときどきドイツ語

バガボンドの言葉をブログに当てはめてみた ただひたすらに記事を書きまくった年月が必要


スポンサーリンク

f:id:bbb_network:20130918002912j:plain

  

先日、はてなブログを独自ドメインで使っているという記事を書きました。

 

検索経由でアクセスが来ない はてなブログと独自ドメイン - バンブルビー通信検索経由でアクセスが来ない はてなブログと独自ドメイン - バンブルビー通信

僕ははてなブログを独自ドメインで使いたかったので、はてなブログProを選びました。この独自ドメインというのは、WordPressでブログを再開しようとした時に取...

 

検索流入があまりにも少ないので、アクセス解析が働いていないんじゃないかという指摘を受けましたが、他の方から指摘されたのはそもそもの「記事数」が足りないということでした。

 

確かに8月の終わりから開設したこのバンブルビー通信は、まだ43記事しかありません。以前のWordPressでは全部で250記事くらい書いていましたが、それから考えるとまだまだ少ないですね。

 

また少しずつ記事を積み重ねていき、検索エンジンから訪問者が来るブログに育てたいと思います。

 

ただひたすらに人を斬りまくった年月

ここで終わってしまってはあまりにも短いので、ブログ運営に関して僕が好きなバガボンドから少し考えてみました。

 

バガボンドで天下無双を目指す武蔵が吉岡清十郎、伝七郎兄弟と再び対決するために京を登り、その宿で考えたことです。天下無双にあって武蔵にないものとして言ったのが「ただひたすらに人を斬りまくった年月」というものでした。

 

物騒な言葉ではありますが、これを天下無双=パワーブロガーというようにブロガー的に解釈をすると、いわゆるパワーブロガーにあって駆け出しのブロガーにないものは「ただひたすらに記事を書きまくった年月」なんですよね。

 

たくさんの人に読まれているブログは、やっぱり記事数も運営している年月も多いです。もちろん記事の質を高めていくことも大事ですが、それよりも大切なことが数をこなすことなんじゃないかと思います。

 

以前は記事を書いている途中で「おもしろくない」といってすぐに削除してしまっていましたが、下書きとして残しておき、熟成させてからまた書いてみるというように、記事数にこだわったブログ運営というのもアリなのかもしれないと思いました。

 

僕の場合は海外のニュースやネタをブログにすることが今までは多かったので、なるべく自分の考えを自分の言葉で書くような記事を増やして行きたいですね。

 

専門性か情熱か 13歳のハローワークからブログについて考えたこと - バンブルビー通信専門性か情熱か 13歳のハローワークからブログについて考えたこと - バンブルビー通信

自分のブログを立ち上げる前、僕はとある専門家のブログライターをしていました。僕自身はその分野の専門家ではありませんでしたが、文章を組み立て、専門家のような文体で...

 

そうすることで、ブログを書くことに必要な情熱を表現していけるようになるんじゃないかと思います。まだまだ駆け出しのブロガーなので、甘っちょろい考えかもしれませんが、とにかく今は毎日のブログ更新を楽しんで続けていきたいですね。

 

それでは、また。