読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンブルビー通信

独学で英語を習得した勉強法を書いています ときどきドイツ語

『新TOEICテスト990点攻略』でTOEIC界のチャンピオンベルトを目指す

英語関連 英語関連-TOEIC

スポンサーリンク

f:id:bbb_network:20160604205306j:plain

今日は仕事が休みだったので、朝からブログを更新しようとMacBook Airを開きました。しかし、いつまでたってもインターネットに繋がりません。Wi-Fiは接続されているのですが、エアーステーションがどうのこうのと表示が出てしまいます。

 

何度かルーターをいじってみましたが、全くわかりません。ブログを書いていながら、こういう機器には弱いので、諦めて家を出ました。休日にぶらぶらするところと言えば本屋ですよね。そこで5月から新形式に変わったTOEICテストの参考書を見つけ、衝動買いをしてしまいました。次に目指すは、TOEIC990点満点です。

 

TOEICの新形式について

TOEICが新形式になるということで、変更点を以前に調べて書きました。

blog.bumblebee-network.com

写真を見て答える問題が減り、代わりに3人での会話問題や図表を見ながら答えるリスニング問題の導入。リーディングでも長文読解の割合が増えるという、普通に考えると難化したと思われる変更ですよね。僕の最高点は今の所TOEIC925点なので、新形式でリーディングが難しくなることを考えると、しっかりとした対策を取ることが必要になりそうです。

ガチ勢が悲鳴!?TOEIC出題形式変更…内容と対策を解説! - レコメンタンク

参考になる

2016/06/04 17:38

こちらの記事はさらに詳細に内容や対策を教えてくれているので、参考にしたいと思います。 

TOEICの問題集を初めて購入

僕はこれまで、TOEICの単語帳を購入したことはありましたが、問題集を購入したことがありませんでした。なぜならTOEICの問題集というのは点数別に分かれていたり、リーディング対策やリスニング対策など、数が多くあったからです。

 

もともと英検1級の勉強をしていたので、TOEICの英文は理解できないということはないだろうという慢心もありました。TOEICは集中力と時間との戦いであるので、それに対応できるように模試を解いていれば大丈夫だろうと思っていたんですね。

blog.bumblebee-network.com

実際、こちらの記事の中でも集中力の大切さというのを解いていました。僕の中では900点を取ることが目的だったので、この結果に満足をしていたんですね。ですが、TOEICで満点の990点を目指すとなると話は別です。やはり満点を目指すなら、目指すなりの勉強をしなければいけないと思い、トップにある参考書を購入しました。

 

新TOEICテスト990点攻略

CD付 新TOEICテスト990点攻略 (新TOEICテストスコア別攻略シリーズ 5)

CD付 新TOEICテスト990点攻略 (新TOEICテストスコア別攻略シリーズ 5)

 

この問題集はもともと、新形式に変わる前のものです。2016年版を購入したので変更点に関する記述や対策の冊子が含まれていますが、基本的な問題は変更前のものになっています。

 

なぜ新形式用の問題集ではなく、旧形式の問題を購入したかというと、そもそも難化する前のTOEIC試験でさえリーディングで430点と65点も落としているからですね。旧形式の問題で基礎を固めた後、新形式の問題集でざっと完成させようと思っています。急がば回れといいますので、まずは基礎固めから。

TOEIC(R)テスト 非公式問題集 至高の400問

TOEIC(R)テスト 非公式問題集 至高の400問

 

『新TOEICテスト990点攻略』を完了させた後は、こちらの問題集を解いてみたいですね。こちらも買おうか迷ったんですが、こちらはサイズが大きいので、ちょっと持ち歩くのに不便そうです。そのため、今回は購入を見送りました。

 

なぜTOEIC990点満点を目指すのか

これまでは、TOEICで900点を越えれば990点を取る必要がないと考えていました。自分の中ではTOEICを英語の試験というより、社会で評価されるための武器として考えていたからです。僕は学歴もないし、キャリアもありません。それでも、独学で学んできた英語とTOEICの点数が僕を支えてくれていました。

 

最高点が890点だった時は900点までの10点がとても大きな壁でした。それを乗り越えた今、今度はTOEICの頂上である990点を超えたい衝動に駆られています。それは山の麓から見上げると、どの山も高く見えます。ですが、どれかの山に登ると他の山の高さが分かるようになるということと似ているんじゃないかなと。

 

もちろん、TOEIC990点満点を目指すことを自己満足だとか足の裏の米粒(取らないと気持ち悪いけど取っても食えない)と評価する人もいます。ですが、自分にとっての武器であることに間違いないので、少しでも強い武器にしたいんですよね。

 

TOEIC990点はTOEIC界のチャンピオンベルト

以前に聞いた言葉の中で、TOEIC990点はTOEIC界のチャンピオンベルトだという言葉がありました。努力を重ねた人が到達できる高み。その高みに到達してみたいんですよね。

 

TOEIC925点。英検準1級。まだどちらも極めていない、道の途中です。まずはTOEIC990点という最高峰に登り、そこから見える景色がどうなのかを知りたいですね。

 

まとめ

僕が初めてTOEICを受けたのは今から10年ほど前になります。その時は確か790点くらいでしたね。英語の勉強が楽しくて、毎日3時間ほど費やしていました。今はその頃に比べると英語学習に割ける時間が少なくなり、情熱も落ち着いてしまっていたのですが、やはり勉強を開始すると改めて僕は英語が好きなんだということに気づかされましたね。

 

TOEIC990点は今年中に取得したいと思っています。まずは僕の弱点であるリーディングセクションを勉強し、はやく新形式の問題集に取りかかれるようにしたいですね。今回、このような記事を書いた理由は以下に書いた記事の通りです。

 

blog.bumblebee-network.com

ここで宣言をしてしまったので、達成できなかったら恥ずかしいですからね。逃げずに頑張ります。

 

ちなみに、Wi-Fiは家に帰ってルーターを再度いじってたらいつの間にか繋がるようになっていました。Wi-Fiのおかげで参考書を変えたので、結果オーライとします。

 

それでは、また。