読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンブルビー通信

独学で英語を習得した勉強法を書いています ときどきドイツ語

TOEICに向けて とりあえずイヤホンを禁止しました


スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/12173213@N00/9634869451

 

先日、TOEICのリスニングの模擬試験を受けていたんですが、どうもリスニングに対する集中力が落ちているように感じました。

 

英語の音声を耳で追っているつもりでも、ちょっとした物音の方を耳が拾ってしまい、問題文や選択肢を聴き逃してしまうということが何度かあり、これは非常にまずいと思いましたね。

 

僕は5年前に受けたTOEICのリスニングが475点だったので、少し気軽に構えていたのですが、もう一度気合を入れ直さないといけないようです。今回感じたのは、やはり雑音が入る環境での英語の聴き取りをしっかりと訓練し直さないといけないということです。

イヤホンを使って英語を聴かない

TOEICを受けていた頃はイヤホンで音楽や英語を聴くという習慣が無かったので、常にスピーカーから流れる音で勉強をしていました。TOEICや英検の試験会場では、自分が音を出さないように注意していても周りの人のマークシートを塗りつぶす音や服がこすれる音など、雑音が非常に多くあります。

 

そのため、イヤホンを使わないで英語を聴くというのは、自然と雑音の中で英語を聴き取るという訓練になっていたのかなと思います。ですがTOEICを受けなくなってからは意識して英語の聴き取りを勉強することもなく、また徐々にイヤホンを使うようになりました。

 

英語のニュースを聴くにしても、イヤホンを使うと余計な音が入らないのでとても聴きやすいんですよね。もう一度、しっかりとイヤホンを使わずに聴く訓練が必要だと思いました。

 

寝る前のイヤホンもついでに禁止

4月に入ってからはほとんど残業がなくなりましたが、3月までは毎日13時間ほど働くという残業の日々が続いていました。

 

精神的にも疲れてしまうので、寝る前にヒーリング系の音楽を聴きながら寝るのが習慣になっていたのですが、これもTOEICに向けて止めることにしました。普通の音量で聴いている分にはあまり問題がないそうですが、イヤホンで長時間聴いていると難聴になりやすいという話もありますので。

 

第190回のTOEICテストまではあと一カ月ちょっとしかないので、試験の感覚を取り戻すことと、地力のベースアップに励みたいと思います。

 

それでは、また。