読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンブルビー通信

独学で英語を習得した勉強法を書いています ときどきドイツ語

今日から取り入れたい 時間を有効に使う5つの知恵

ライフハック

スポンサーリンク

f:id:bbb_network:20130904222636j:plain

 

みなさんは時間の使い方に自信はありますか?

 

僕は残念ながらあまり時間の使い方がうまい方だとは言えず、いつも直前になって慌てて行動をしてしまいます。しかし、世の中で成功者と呼ばれている人たちはすべからく時間の使い方に関しては達人が多いですよね。

 

時間だけは誰にも平等に与えられていて、しかも過ぎ去った時間は二度と戻りません。例えお金や物を失ったとしても取り返すチャンスはありますが、無駄に過ごしてしまった時間を再び手に入れられないわけです。

 

そこで、かけがえのない”時間”を有効に活用するための5つの方法が紹介されていたので、そちらを抄訳にて紹介させて頂きます。

 

 

How To Organize Your Day For Success

#1:一日の予定を前日の夜に立てる

寝る前の時間、起きたらその日に何をするのかという目的を定めるようにします。メモ帳やプランナーに翌日の行動を書き出していきましょう。

 

目的を決める際、少なくとも4つの行動パターンを書きだすことです。1つは仕事に関係したこと、もう1つは個人的な娯楽であったり趣味に関すること、そしてもう2つは将来の夢に関係するようなものです。

 

#2:スケジュールは余裕を持って立てること

物事はスケジュール通りに進まないのが世の常です。そのため、時間に余裕を持たせたタイムスケジュールを心がけるようにしましょう。

 

例えば8時から8時45分まで勉強をして、8時46分から9時30分までブログを書くというようなスケジュールは無理があります。多少のトラブルによって時間が前後するということも考えてスケジュールを立てるのが賢明ですね。

 

#3:一日のスタートはやらなくてはならないことから始めるようにする

食事の時、好きな料理と嫌いな料理が出てきたとします。先に嫌いな料理を食べてしまえば、残りの料理は楽しんで食べることができますよね。

 

一日の始まりも同じで、その日のスタートは苦手であってもやらなくてはならないことから始めるようにしましょう。そうすることで、少なくとも自分はやり遂げたという達成感を得られます。

 

#4:時間を管理するアプリを使う

スマートフォンの普及によって、簡単にインターネットにアクセスできるようになりました。そのため、TwitterFacebookのようなSNSについ時間を忘れて没頭してしまうことがあります。

 

そんな時、時間を管理するようなアプリを使うことで時間を大幅にロスすることがなくなるでしょう。

 

#5:全てのことを一日で達成できないということを知る

どんなに時間の使い方が上手い人であっても、大きなプロジェクトを一日で達成させることはできません。変わりに、マイルストーンとして一日の中で絶対に達成させたいことを細切れに決めていきましょう。

 

スケジュールを立てる意味は、全ての予定を消化するためではなく、自分のキャパシティや時間の使い方を知るためでもあります。このように考える癖をつけることで、時間の使い方を学べるからです。

 

まとめ

以上、時間を有効に使う5つの知恵を紹介しました。

 

知恵といえば、先日書いた記事で知識・知恵・見識の違いについて触れました。どのようにして時間を管理すれば良いかを知ることで知識となり、それをどう活かすかというのが知恵となります。

 

僕もまずは寝る前に翌日の予定を立てるというところから行っていきたいと思います。みなさんが行っている時間の有効活用の方法があれば、ぜひ教えてください。

 

それでは、また。