読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンブルビー通信

独学で英語を習得した勉強法を書いています ときどきドイツ語

スケジュールが大事 燃え尽きずに勉強を続けるための6つのコツ

ライフハック 雑記

スポンサーリンク

f:id:bbb_network:20140419112122j:plain

 

最近は仕事で通訳や英語での説明を任されることがあり、もう一度しっかりと英語を勉強し直したいと考えています。

 

僕が英語を勉強していた時はまだ学生だったので、自由な時間が多くありました。ですが、会社に勤めるようになると仕事の関係で思うように時間が取れないことが増えてしまうんですよね。

 

そんなわけで、色々と言い訳をしながら勉強することを先延ばしに来てしまったことを反省しつつ、これからに向けて調整をしていきたいと思います。そこで今日は、勉強全般に関する記事を見つけましたので、抄訳にて紹介します。

 

 

How To Study Hard Without Burning Out

1.スケジュールを立てること

時間がある時に勉強をしようと考えないようにします。時間ができたら勉強をしようと考えていたのに、結局はまったく勉強が出来なかったということはよくあることでしょう。一日の中で勉強に使うのに最適な時間を見つけ出し、活用するようにします。

 

2.ゾーンに入ること

もし音楽を聴くことで集中が出来るということであれば、少しの間ヘッドフォンで音楽を聴きながら勉強をします。完全に静かな場所を好むのであれば、そのような場所を選んで勉強しましょう。

 

服装もスウェットパンツのように楽な格好で勉強をするのが好きな人もいれば、眠くならないようにきちんとした格好で勉強をすることが好きな人もいます。コーヒーや紅茶を飲むことも勉強の助けになるかもしれません。

 

自分にとって最適な環境で勉強をすることにより、勉強に向かう気分となります。ゾーンに入ることで集中力が持続し、長時間の勉強も楽々こなせるでしょう。

 

3.あらかじめ勉強に必要なものを揃えておくこと

本、ノート、ラップトップ、メモ帳、マーカー、ペン、おやつ。

 

勉強の合間に立ちあがって取りに行く必要が無いよう、あらかじめ必要と思われるものを揃えておくようにします。立ちあがって取りに行くということは集中力を乱し、再びゾーンに入ろうとしても難しくなってしまうからです。

 

4.小休止の時間を予定に入れること

どんなに勉強好きな人でも、ある程度時間が経つと疲労を感じたり、体が痛くなってきたりします。本を読んだり、パソコン画面を見続けるのは精神的にも肉体的にも疲れまる。

 

アラームやリマインダーを使い、長時間の勉強になる際には小休止の時間を設けましょう。立ち上がり、ストレッチをしたり、飲み物を飲んだりすることです。ただし、この小休止は長くなり過ぎないようにします。

 

小休止が長すぎると、集中力は完全に途切れてしまうからです。小休止の目的は燃え尽きないようにすることと、リフレッシュした気持ちで勉強に戻ることにあります。

 

5.アクティブに勉強すること

受け身での学習というのは、ノートを取ったり、本を読んだり、与えられた情報を批判的に評価をしないというようなことです。アクティブな学習というのは反対に、ディスカッションや分析を加えるものです。

 

このような学習は内容をしっかりと理解し、情報を脳に刻み込むことができます。机に座って一人で勉強をすることだけではなく、何人かと一緒にディスカッションをしながら勉強することも試してみましょう。

 

1つの事を続けていると、途中で燃え尽きてしまうことがあります。ですが、このように異なったタイプの勉強を含めることで、新鮮な気持ちで勉強に迎えることができるようになります。

 

6.最適な勉強スポットを見つけること

図書館やカフェというのは、自分の部屋や学校と同じくらい学習者にとって人気が高いスポットです。どこで勉強をするのがいいのかは、自分の集中力をベースにして考えるようにしましょう。

 

例えば人の出入りや自分の後ろを歩く人が気になるようであれば、カフェでの勉強は向かないでしょう。また、学校の図書館の雰囲気が好きだったとしても、イスが固くて不快に感じるようであれば、別の場所を選んだ方が集中できるかもしれません。

 

精神的にも肉体的にもくつろげる、最適な勉強スポットを見つけるようにしましょう。

 

まとめ

以上、燃え尽きずに勉強を続けるための6つのコツを紹介しました。

 

僕は以前は自分の部屋でも勉強出来ていたのですが、今こうしてブログを書いているパソコンを持つようになってからは勉強が出来なくなってしまいました。代わりに、無音の環境よりも、ちょっとした雑踏のような音がある方が集中しやすいので、最近は図書館での勉強がお気に入りになっています。

 

勉強中に突然、別の資料が欲しくなって探して回るということがあるので、今後は勉強にもテーマを設け、その時間はそのテーマだけを勉強するということもいいのかなと思いました。

 

いずれにしても、スケジュールを立てて、それを実行するということが一番大切なんですよね。これからのために、頑張っていきたいと思います。

 

それでは、また。

photo by -Snugg-