読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンブルビー通信

独学で英語を習得した勉強法を書いています ときどきドイツ語

ドイツ語初学者にオススメの独和辞典はどれ? 第二外国やドイツ語検定に向けて

ドイツ語 ドイツ語-単語

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/20452143@N08/3841271286

最近当ブログへの検索キーワードで、「ドイツ語」や「ドイツ語検定」が増えてきています。確かにそろそろドイツ語検定の季節なんですよね。僕がドイツ語検定5級を受験したのは2014年だったので、時間が経つのは早いなとしみじみ感じました。

それに加え、今の時期はちょうど大学生が第二外国語としてドイツ語を学び始めている頃だと思います。そこで、ドイツ語初学者向けの独和辞典というのはどんなものがあるのか、調べてみました。

 

パスポート独和辞典 

類書に比べ大きな活字で見やすい版面。「独和」は必要十分な15,000語。しかも初心者も使えるカタカナ発音表記。「和独」は用例充実の5,000語。「ジャンル別語彙集」は新時代対応。

パスポート独和・和独小辞典

パスポート独和・和独小辞典

 

 

エクセル独和辞典

2万語を厳選。特に重要な2千語はすべての点でわかりやすく解説。訳語は重要度の赤の太字、黒の太字で区別。説明はできるだけ丁寧にし、要点は一覧表・記号によって見やすく構成。発音はカナ表記。和独索引・文法キーポイントによってマルチ学習が可能。 

エクセル独和辞典

エクセル独和辞典

 

 

スタート独和辞典

見出し語数14000語。重要語2500語は大きな活字で色刷。欄外メモは、ドイツの社会や文化についての知識を増やす。すべての見出し語に英語を併記。見出し語に関連して、色を表す形容詞、動物の鳴き方、各国通貨、祝祭日など同種のグループに入る言葉を一括して掲げる。 

スタート独和辞典

スタート独和辞典

 

 

新キャンパス独和辞典

初中級に必要十分な2万3000語を厳選。学習目標となる重要500語・2000語・3000語のレベル分け。文法を気にせず、文中の変化した動詞・名詞がそのままの形ですぐ引ける。すべての動詞の過去形・過去分詞形がその場でわかる。一つ一つの語義を改行で表記。用例はすべて本辞書の見出し語で作成。役立つ「文法要点」や「類語」を囲み記事で表記。

新キャンパス独和辞典

新キャンパス独和辞典

 

 

まとめ 

以上、初学者向けの辞典を4冊紹介しました。語彙数が少ない順に、

  1. スタート独和辞典
  2. パスポート独和辞典
  3. エクセル独和辞典
  4. 新キャンパス独和辞典

というようになっていました。

 

語学の初級者であれば、2万語もいらないのかなと思います。パッと内容を読んだ限りでは、この2万語以下の辞典の中ではスタート独和辞典が一番興味がありますね。外国語を学ぶ時には、その国の文化や社会について興味を持って取り組んだ方がいいと思うからです。ドイツ語の色を表す形容詞は英語と全然違っていて、覚えるのに苦労した思い出があります。

 

英語とドイツ語は似ているんじゃないかと油断していると、痛い目にあうのがドイツ語なんですよね。

 

ちなみに僕が持っているのはキャンパス独和辞典で、上で紹介した新キャンパス独和辞典の古いバージョンのものですね。ただ、実際にドイツ語検定5級を受験した時はいっさい出番がありませんでした。

 

ドイツ語検定を受験するためだけであれば、検定用の単語帳を覚える方が明らかに早いですし、費用対効果も高いと思います。でも、継続して第二外国語を学んでいこうとするなら、やっぱり独和辞典は持っておいた方がいいかもしれないですね。

 

それでは、また。 

photo by adam.declercq