読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンブルビー通信

独学で英語を習得した勉強法を書いています ときどきドイツ語

emotionはmotionから作られる 感情を変えるには行動を変えること


スポンサーリンク

f:id:bbb_network:20130909231338j:plain

 

「感情」と「行動」

日本語ではそれほど関わりがあるように思えない2つの言葉ですが、英語に直してみるとちょっと違って見えます。つまり、”emotion”と”motion”ですね。

感情である”emotion”の中には、行動という意味の”motion”が含まれています。つまり、感情に深く関わっていることが行動だということですね。

例えば仕事に疲れて気分が沈んでいる時はどんな姿勢でいるでしょうか。僕は猫背になり、溜息をつきながら行動が遅くなり、顔の筋肉も緩んでしまっていました。

その状況を再現するために文章にしただけでも、何だか気持ちが落ち込んでしまいますね。逆に、気分がいい時はどんな姿勢になっているでしょうか。

胸を張って表情に活気が宿り、キビキビと行動しているような気がしますよね。しかし、これは感情によって姿勢が変わっているわけではありません。

本当のところは行動によって感情が変わっているというのが正しいようですね。よくある疑問として、楽しいから笑うのか、笑うから楽しいのかということがありますが、これによると笑うから楽しくなるということです。

実際、よく笑う人の近くには人が集まります。それは周りの人たちの感情も変えてしまうからだと思います。

感情を変えるためには行動を変えるということを意識して行うことで、嫌な気持ちを簡単に切り替えられるようになるかもしれませんね。僕も早速、今日から試してみたいと思います。

みなさんも何か嫌なことがあったら、堂々と胸を張ってきびきびと行動をしてみましょう。そうすることで、嫌なことは思ったよりも嫌じゃなくなるかもしれないですよ。

 

それでは、また。