読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンブルビー通信

独学で英語を習得した勉強法を書いています ときどきドイツ語

早起きしてブログを書くことは「モーニングページ」と同じ効果を見込めるか

ライフハック

スポンサーリンク

Henley Jetty

5月の終わり頃から、早起きを意識するようになりました。今までの生活では、夜は12時過ぎまでブログを書いたりスマホをいじっていたので、朝起きるのがとても辛かったんですよね。今はなるべく寝る前はパソコンもスマホもいじらないように意識しています。

 

新年度を迎えた4月から再びブログを書き始めるようになり、最近では毎日更新ができるようになりました。せっかく早起きをするなら、ブログを書こうということで、朝にもブログを書くようにしています。朝起きたばかりでパソコンに向かうと、最初は頭の中が散らかっていますが、書いていくうちに頭が整理されていく感じがあります。

 

そのことを考えてみると、これってモーニングページと同じ効果があるのかと気になりました。モーニングページとモーニングブログについて、書いてみます。

 

モーニングページとは?

モーニングページというのをざっくり説明すると、毎朝1日のはじめに頭に浮かんだことを書くというものです。これはジュリア・キャメロンさんの著書『ずっとやりたかったことを、やりなさい。』で「モーニングページ」として紹介されていた方法ですね。

ずっとやりたかったことを、やりなさい。

ずっとやりたかったことを、やりなさい。

 

 

モーニングページは3ページ分手書きするのが理想

モーニングページということで、どのくらいの量を書くのかなというと、ざっと3ページ分くらいだそうです。これは短すぎず、長すぎずでちょうどいい分量なのかもしれませんが、最初に聞くと「そんなに書けないよ」と思ってしまいそうですよね。

 

もちろん、手帳サイズの小さなものからキャンパスノートの大きさまであるので違います。しかし、理想なのはB5版ということなので、やはり分量としては多くなりそうですね。

 

モーニングページとモーニングブログの違い

どちらも朝起きてから、書くということで共通していますが、実際に違っているところはどこか考えてみました。

 

書く時間帯の制限は?

  • モーニングページ:朝に書くことが大原則
  • モーニングブログ:好きな時間に書く

モーニングページは起きたばかりの思考を整えるために書くという目的が強いです。夕方や夜に書こうとすると、その日に起きたことの記憶に強く引っ張られてしまうため、自由な発想や自分の思考のクセに気がつけないんだとか。そのため、自由な発想をすることができる朝に3ページ分書くんですね。

 

一方、モーニングブログは朝に書いているから便宜上そう呼んでいるだけで、特に朝書かなければいけないという制限はありませんよね。

 

書く分量は?

  • モーニングページ:3ページ分
  • モーニングブログ:好きな分量

こちらも先に書きましたが、モーニングページでは3ページ分くらい手書きで書くことが理想とされています。モーニングページには「脳の排水」という目的があるようで、雑多な思考が頭に浮かんでいるものを書き出すことで、排水しているというイメージになるようです。

 

ブログは特に説明不要かもしれませんが、決まった分量というのがありません。もちろんSEO対策で検索エンジンを意識するなら「2000文字以上書け!」とかもありますが、気にしなければどれだけ書いても書かなくてもいいのがブログです。

 

書くためのツールは?

  • モーニングページ:ノートとペン
  • モーニングブログ:パソコン

モーニングページは手書きで書くことを勧めています。なぜかというと、パソコンを使ってしまうと簡単に文字の修正や追加ができるからだそうです。確かに手書きだと間違えたと思っても、どんどん書いていくしかないですよね。鉛筆やシャーペンなら消しゴムで消せますが、この修正しづらいという点を考えると、ボールペンなどの方が書くのに向いていそうですね。

 

ブログは誤字・脱字をしていると読んでくれる人に違和感を与えてしまうので、なるべく修正を加えながら書いています。

 

書く内容は?

  • モーニングページ:誰かに読まれることを考えず、頭に浮かんだことを書く
  • モーニングブログ:誰かに読まれることを前提として、考えをまとめて書く

モーニングページとモーニングブログの最大の違いは、この部分ですね。モーニングページは誰かに見せるものではないので、頭に浮かんだことをそのまま書き出していきます。そうすることで思考の排水ができるんですよね。

 

一方のモーニングブログは、誰かに読まれることを前提として、考えをまとめて書きます。自分のためにブログを書くという人もいるかと思いますが、なぜ手帳やノートではなくブログに書くかというと、やはり多少なりとも誰かに読んでもらいたいという考えが根底にあるんじゃないかと思います。

 

手書きとパソコンのメリットは?

  • モーニングページ:自由な発想で書くことができる
  • モーニングブログ:すぐに書き始めることができる

モーニングページは紙に書いていくので、自由に書くことができます。なんだったら絵を描いてもいいわけなので。モーニングブログは、僕がMacBook Airを購入してから感じていることですが、朝起きてパソコンを開けばすぐに書き始めることができます。これらが、両者のメリットじゃないでしょうか。

 

手書きとパソコンのデメリットは?

  • モーニングページ:時間がかかる
  • モーニングブログ:朝からブルーライトで目が疲れる

朝の時間帯に早起きをして書きますが、手書きで3ページではだいたい1時間以上はかかりそうです。大きな文字でスペースを潰すように書けば早く終わるかもしれませんが、それだと本来の目的に沿わなくなってしまいそうです。

 

ブログの方は朝からパソコン画面を見るので、目が疲れてしまいますね。文字通り朝から晩までパソコンを見続けるので、目の対策が必要になるかもしれません。

 

まとめ

朝に何かを書くということで、同じ効果が得られるかもしれないと思ってこの書き始めましたが、書き進めていくうちにモーニングページとモーニングブログは同じ効果は見込めないという結論に達しました。

 

そもそもの目的が全く違うんですよね。自分の思考の整理のために書くのか誰かに読んでもらうことを想定して書くのか。また、最後になりますが、書いた内容の振り返りについても触れておきます。

  • モーニングページ:8週間は見返さない
  • モーニングブログ:過去記事の修正を繰り返す

モーニングページは起きてすぐの思考で書くため、ネガティブなことや悪いことを書き込んでいる可能性があります。それを読み返し、ショックを受けることを避けるため、8週間は見直さないんだそうです。

 

一方のモーニングブログは、やはり読み直して間違いがあったり、書き忘れがあったらどんどん修正をしていきます。ということで、モーニングページとモーニグブログでは同じ効果が見込めないようですね。

 

今はブログを書き続けることを習慣としたいので、モーニングページは始められませんが、ブログの更新が習慣化したら、新しく取り入れてみたいなと思いました。

 

それでは、また。