バンブルビー通信

独学で英語を習得した勉強法を書いています ときどきドイツ語

カラーセラピー初体験! 自分の本質はグリーンで八方美人


スポンサーリンク

f:id:bbb_network:20130907214547j:plain

 

先日、カラーセラピストからコラムを頼まれたという記事を書きました。

 

カラーセラピーとは何ぞやということを全く知らない状態だったので、とりあえず東洋医学の五色と交えて書いてみたんですが、本質は僕が考えていたものとはまったく違っていましたね。

 

今日は新宿で打ち合わせをしてきたんですが、その中でカラーセラピーというのはどういうものなのかというのを教えてもらいました。とても興味深いものだったので、紹介したいと思います。

 

14色のカラーボトルから色を4色選ぶ

カラーセラピーと聞いて、僕は何となく塗り絵のようなものを想像していたんですが、本当は潜在意識を読み解いていくというものだそうです。イメージ写真のようにカラフルな液体の入った14本のガラスの小瓶を見て、その中から気になる色を4本選びます。

 

選んだ4本を並べて2本ずつの組み合わせを作り、それらが現在・過去・未来の自分を反映するというものでした。せっかくなので、僕も試しに見てもらうことに。

 

今回はお試しだったので、14本から2本だけでした。過去と未来はまたの機会のお楽しみとして、現在を見てもらいます。14本の小瓶を見て、最初に気になったのが明るめのグリーン、そして次がターコイズでした。

 

上昇志向があっても周りに流される八方美人

まずは最初に選んだグリーンが現在の僕の”本質”部分を表しているということでした。グリーンはよく言えば空気を読む人ということですが、簡単にいうと八方美人な性格であるようです。

 

そしてターコイズは現在の気持ちや心境を表しているようですが、上昇志向を表しているということです。この組み合わせから見えてきた状況は、しがらみや束縛を嫌って自由になりたいと思っているのに、周りから離れられないという八方美人な本質が出ていて、いまいち抜け出せないということでした。。

 

これ以上はプライバシーなので深くは語りませんが、語ってもらった内容に思い当たる節があり過ぎて、うなずくことしかできませんでしたね。

 

カラーセラピーは過去と未来にもつながる

今回は現在だけを見てもらいましたが、そこからどうして現在の自分がこうなったのかという原因を考えるべく過去を見て、そしてこれからをどうやって生きていくかというために未来を見るそうです。

 

この先どうなるのかはまた今度という感じで生殺しにされた感がありましたが、自分のことを客観的に見つめ直すいい機会になりました。女性向けのコラムを書くということで、もっと色々と勉強する必要があることも感じましたね。

 

これから自分がただの八方美人で終わらないように、しっかりと成長していきたいと思います。

 

それでは、また。