読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンブルビー通信

独学で英語を習得した勉強法を書いています ときどきドイツ語

Adiemus(アディエマス)勉強用BGMに最適 神秘的な音楽に癒される


スポンサーリンク

BLUE DOLPHIN

僕は学生の頃から、何かBGMをかけながら勉強をしていました。ながら作業というのはよくないのかもしれませんが、当時から僕なりの理論があります。テレビで見たのですが、記憶は何かのきっかけによって蘇りやすくなるそうです。

 

よくあるのは匂いを嗅ぐと昔の記憶を思い出したり、昔住んでいた町に再訪したら忘れていた記憶が一気に蘇るというようなものですね。学校の試験では匂いは付けづらいし、視覚だとカンニングが疑われそうです。そこで、音楽に目をつけました。

 

音楽なら頭の中で何度繰り返しても、外見からでは分からないからです。そのおかげかわかりませんが、暗記科目は結構得意としていました。その当時、大好きで勉強用のBGMとして聴いていたグループがあります。それが、アディエマスです。

 

アディエマスとは?

僕は音楽にまったく詳しくないのですが、アディエマスはジャンルとしてはニューエイジ音楽になり、カール・ジェンキンス氏とマイク・ラトリッジ氏と結成した前衛クラシック音楽ユニットだそうです。

 

僕は中学生当時、TSUTAYAのレンタルCDコーナーで偶然見つけ、そこからハマってしまいました。神秘的な音楽は本当に衝撃でしたね。アルバムごとに雰囲気が変わり、アフリカをイメージさせるものやヨーロッパの街並みが浮かんでくるものなど、聴いているだけで癒されました。

 

日本のCMやテレビ番組でも使用されていて、当時は耳にする機会も多かったと思います。

  • NHK「世紀を超えて」
  • 日本リーバ「ポンズ基礎化粧品」のCM
  • ANA「きたえた翼は、強い。」

 

アディエマスの音楽が勉強用BGMに最適な理由

僕がアディエマスの音楽が勉強用BGMに最適だと思う理由を以下に2つ書いてみます。

 

クラシックのような曲が多い

前衛クラシック音楽ユニットというだけあり、クラシック音楽のように荘厳な感じの曲が多くあります。中にはこれからアフリカの民族が戦闘に向かうため、鼓舞をしているんじゃないかと思えるような激しい曲もありますが、基本は鬱蒼と生い茂った深い森の中で聴こえてきそうな音楽だったり、海の中に沈んでいくような曲が多いので、落ち着いて勉強することができました。

 

アディエマス語なので気が散らない

日本語や英語の歌詞が入っていると、どうしても頭で歌詞を追ってしまい、気が散ってしまいます。僕は日本の音楽からは取り残されていたので、同年代で流行っているグループの曲は知らなかったのですが、それでも当時はモーニング娘。や嵐、ポルノグラフィティなんかが有名だったような気がします。

 

そういった曲を聴きながらの勉強はさすがに無理でした。それに対し、アディエマスの音楽はアディエマス語という架空の言語で歌われているので、気が散らないんですよね。

 

アディエマス語は架空の言語とは言われていますが、南アフリカ共和国出身の女性ヴォーカリストであるミリアム・ストックリーさんが得意とするアフリカ系の言語がベースになっているようですね。

 

いつか生演奏を聴いてみたい

アディエマスはこれまでに日本で3回公演しているようです。最後が2006年ということで、当時はあまりアディエマスの情報を集めていなかったので、参加できずに残念です。

 

次に日本公演がまたあるかは不明ですが、もし来てくれるならぜひ生演奏を聴いてみたいですね。2001年に来日した際にはテロの影響があり、リコーダー演奏者が急きょ来日できなくなるというトラブルもあったそうです。2001年はまさに受験期真っ最中だったので、僕がCDを聴きながら勉強している時、アディエマスが来日していたのも驚きでした。

 

まとめ

勉強をする時には、音楽があった方が集中し、暗記もはかどるというのが僕の持論です。他の人もそうだとは言い切れませんが、やっぱり記憶のトリガーと一緒に勉強することはいいんじゃないかと個人的には思っています。

 

アディエマスは受験生時代にお世話になり、その後も休日に瞑想の真似事をする際に聴いていました。新しいアルバムが出たようですが、僕は昔のアルバムの方が好きですね。 

聖なる海の歌声

聖なる海の歌声

 

これが一番のお気に入りでした。これから英語やドイツ語、産能大学など勉強が続くので、またアディエマスのお世話になろうかなと思います。

 

それでは、また。