読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンブルビー通信

独学で英語を習得した勉強法を書いています ときどきドイツ語

休日出勤は英語でなんと表現するのか? 振替休日や休日手当もついでに


スポンサーリンク

Holidays

今日は久々に休日出勤です。繁忙期は休日出勤が常態化していたので、月曜日から土曜日まで働くという一週間のリズムが出来上がっていました。最近はほぼ定時で帰れていますし、休日出勤はほぼないので、土曜の朝に早起きするのは久しぶりでとても疲れました。

 

普段は事務作業をしていますが、今日は応援のために体を動かす仕事でした。今はへろへろになった体をレッドブルで立て直し、パソコンの前に座っています。今日は英語の勉強をしようと思っていたので、このまま1日を終えるわけにはいきません。

 

そこで、休日出勤に関する英語表現を学んでみようかと思いました。

 

休日出勤は英語で?

休日出勤に関する英語表現を調べてみました。英語例文が豊富に載っているWeblioで調べると基本的な表現は以下のようになるみたいです。

work on a day off

day offが休日なので、そのまま休日に働くという表現でいいんですね。ついでなので、その他の例文も覚えてみようかなと思います。

 

振替休日(代休)は英語で?

休日出勤をしたら基本的に取得する権利が発生する振替休日を英語でなんと表現するのかを調べたところ、以下のような例文が出てきました。

a compensatory day off received when one works on a holiday

”compensatory”という単語は代償や賠償といった償うという意味が強い単語ですね。よく医学英語なんかでもcompensatoryという単語はよく見かけます。振替休日にもこの単語が使われているとは思いませんでした。

 

確かに休日出勤をしたことに対する代償として休日を取得できる権利を得るということになるので、面白いなと思いました。

 

休日手当は英語で?

休日出勤をすることのメリット(?)の一つとして、やはり休日手当があります。残業時間と同様に25%アップされるので、普段よりも多めに賃金が発生することがいいですよね。

 

その休日手当に関する英語表現は、以下のようになっていました。

I got paid holiday pay because I worked on a day off.

”holiday pay”と表現をするようです。こちらは想定内というか、そのまんまですよね。ちゃんと例文にも休日出勤である”work on a day off”が使用されていました。このように単語を関連づけて覚えると、語彙に広がりが出て効果的だと思いました。

 こちらの記事でも書きましたが、何かの単語をピックアップし、そこから派生する単語を覚えていくと関わりが明確になる分、記憶に定着しやすくなるので、オススメです。

 

休日出勤は残業と同じ

というわけで、休日出勤に関する英語表現を3つ覚えることができました。僕が勤めている会社では振替休日の取得が認められていますが、ほとんどの人は休日手当をもらうことを選んでいます。

 

僕も何度も休日出勤をしていますが、未だに振替休日を申請したことがないんですよね。今日の休日出勤が決まった時、「先月は残業が少なかったからラッキー」なんて考えが浮かんできました。

 

この考え方は先日投稿した記事の内容に反する考えだったので、まだまだ自分は残業時間に頼っているんだなと反省しました。

せっかく自分の自由になる時間があるので、今は自分を高めることに時間を費やしたいなと。今後も、なるべく残業をしないで済むような働き方を会社でも心がけたいですね。

 

それでは、また。