バンブルビー通信

独学で英語を習得した勉強法を書いています ときどきドイツ語

あれから28年 今日はチェルノブイリ原発事故が発生した日


スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/43559902@N07/7324180278

高校生の時、自宅でテレビを観ていたらチェルノブイリ原発事故についての特集がされていました。

 

その時、テレビでは「チェルノブイリ原発事故から16年」というようなテロップが流れていて、自分の誕生日がまさにチェルノブイリ原発事故の発生した日なんだと改めて認識をしたような記憶があります。

 

それからは誕生日が来るたびにチェルノブイリ原発事故のことが報道されるので、変な連帯感を持つようになりました。

 

チェルノブイリ原発事故について

今さら僕が書くようなことではないかもしれませんが、チェルノブイリ原発事故について調べたことをログとして書きたいと思います。

 

チェルノブイリ原発事故が起きたのは、外部からの電源供給が遮断された場合を想定したストレステスト中に発生したようです。老朽化が進んでいたという福島原発とは違い、事故を起こした原発は完成から3年程度という最新鋭の原発でした。

 

行われたストレステストというのは電源供給が喪失した後、非常用の発電機が稼働するまでの数十秒の間、原子炉を冷やすためのポンプを蒸気タービンの慣性だけで発電できるかを確認するための実験だったようです。

 

ところが、4号機は低出力状態では運転が不安定になるという設計になっていたにもかかわらず、責任者の操作ミスによって予定以下の出力で実験を開始してしまいました。操作ミスに加えて中止をしないという判断ミスも重なり、制御不能となった4号機が大爆発を起こしたというのがチェルノブイリ原発事故の原因だということです。

 

10万年の管理が必要な核燃料

チェルノブイリ原発 27年経ち石棺ひび割れ放射能漏れ大きく (NEWS ポストセブン) - Yahoo!ニュース

この記事によると、チェルノブイリ原子力発電所を覆っている石棺がひび割れてきていて、放射能漏れが大きくなっているそうです。そして、それを覆うためにドームを建設しているんだとか。

 

完成予定は2015年なので来年ですね。上記のニュースの中で気になったのが、ドームは100年しか持たないということ。

 

石棺が27年でひびわれていることを考えると、物凄い技術の進歩なのかもしれませんが、溶けてしまった核燃料は10万年は管理が必要なんだそうです。発生からまだ30年も経っていない事故に対し、融解した核燃料の管理が10万年というのは気の遠くなるような年月が必要なんだと思いました。

 

これから先、核燃料を綺麗に処理できる技術が開発され、10万年と言わずに早く安全に処理されればいいなと。それはもちろんチェルノブイリだけではなく、日本の福島原発に対してもそうですね。

 

それでは、また。

photo by DeeAshley