読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンブルビー通信

独学で英語を習得した勉強法を書いています ときどきドイツ語

旅立つ空に出会いと別れ アンダーグラフの「ツバサ」がカラオケでお気に入りの曲


スポンサーリンク

Airplain

 

最近はUS CPAについて書くことが多かったので、ここら辺で久しぶりに違った内容を書いてみたいと思います。今週のお題「カラオケの十八番」ということで、考えてみました。

blog.bumblebee-network.com

僕はカラオケに対して非常に苦手意識があり、社会人になってからも可能な限り逃げ続けていました。しかし、転勤する前の職場の上司がカラオケ好きで、お酒を飲むと必ずカラオケになだれ込むということが続きました。

 

その結果、なんとか歌える曲が増え、どうにかカラオケを乗り切ることができるようになったので、その上司には感謝しています。僕の十八番というわけではないですが、カラオケについて書くならこの曲だろうというのがあります。

 

それは、アンダーグラフの「ツバサ」という曲ですね。

 

上司が最初に歌った曲


ツバサ / アンダーグラフ(長澤まさみ出演 short pv full music)

僕が最初に上司に連れられてカラオケに行った時、上司が最初に歌ったのがこの曲でした。僕は音楽に疎いので、この曲を聴いたのはその時が初めてでした。

 

この曲の雰囲気がとてもいいと思ったのですが、何より歌詞がすごく良いんですよね。新しいことに挑戦しようとする人と、それを応援する人というような対比。僕は勝手に、この曲を聴きながらいつか海外転勤になった時のことを思い浮かべていました。

 

海外転勤になったら、上司に歌ってほしい

それから、上司とカラオケに行く時は必ずこの曲を歌ってもらうように必ず入力していました。僕のことをとても応援してくれていた上司だったので、その上司がこの歌を歌ってくれると勇気付けられたことを思い出しました。

 

「ツバサ」の中で、特に好きな歌詞が以下です。

 

”夢追う事に恐れは無くて 生まれた街とサヨナラ決めた” 

 

僕は今、転勤をして初めて地元を離れて生活していますが、地元を離れてみると色々と新しい世界が見えてくるんですよね。海外転勤は果たしていませんが、その目標に向けて第一歩を踏み出したくらいかなと思っています。

 

本当に海外転勤の辞令を受けた時には、上司にまたこの曲を歌ってもらいたいなと思っています。

 

夢を叶えるためにはとにかく前進あるのみ 

blog.bumblebee-network.com

今はまだ英文会計ということで、基礎的なことを学んでいるだけですが、やっぱり新しいことを勉強するのはとても楽しいですね。以前はなかなか学習を継続させることができずにいましたが、今年に入ってからはコンスタントに毎日勉強する習慣ができていて、とても順調に進んでいます。

 

なんとか1年ですべての科目に合格できるように、スケジュール管理を徹底して頑張りたいと思います。

 

それでは、また。