読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンブルビー通信

独学で英語を習得した勉強法を書いています ときどきドイツ語

産能大学を除籍されてしまった。。。 再入学するか検討中

産能大学通信課程

スポンサーリンク

D144. Oh mY GoD HelP mE!!

記事タイトルの通りなのですが、以前に3年次編入をしていた産能大学を恥ずかしながら除籍されてしまいました。

 

原因は昨年の秋に異動となった結果、引越しの準備や家具、電化製品などの調達に追われ、学費の納入を滞らせてしまったからです。。。産能大学は半期の授業料が9万円の固定となっていて、年間では18万円で学習することができます。

 

3年次編入をした時は産能大学が提携しているオリコの学費ローンを使っていたので、それが自動的に継続するものだと思い込んでいました。しかし、実際には1年ごとに更新をしなければならなかったようです。

blog.bumblebee-network.com

 

もともと部署異動をしてすぐは新しい業務を覚えることが重要で、大学の勉強を少し止めておこうと思っていたのですが、最近は業務が落ち着き、もう一度勉強を始めようと考えていたところでした。

 

そこで、再入学をするか検討しています。

 

産能大学通信課程で再入学するメリット

除籍されてしまった産能大学の通信課程ですが、幸いなことにこれまでに取得した単位は有効になっているため、いつでも再入学をすることができます。再入学をするとどのようなメリットがあるのかを質問したところ、以下のような答えが返ってました。

  1. 入学金や編入の手続き費用が不要
  2. 入学資格の証明書類が不要

最初に3年次編入をした時に支払った入学金と、それから編入の手続きに関する費用が不要になるため、先述した通り年間で18万円の学費で学習を再開できるようです。そして、さらにもう1つのメリットとしては高校の卒業証明書だったり、僕の場合は専門学校の卒業証明書や成績証明書などの入学資格に関する証明書類が不要となるそうです。

 

取得した単位が有効ということで、除籍となってはいても、ちゃんと情報は残っているんですね。再入学のメリットと書きましたが、そもそも僕がちゃんと学費を継続していれば当たり前のことだったので、ただただ反省しています。

 

再入学のデメリット

  1. 卒業までに在籍する期間が2年間

再入学することのデメリットはというと、これは個人の学習状況によりますが、僕の場合は卒業するためには3年次から在籍しなければいけないということで、卒業のためには最低2年間は在籍しなくてはならないようです。

 

僕がもう少し単位を取得できていたら、4年次から再開できたのですが、基準となる単位数を取得できていなかったため、3年次からの再出発となります。以前の職場は3ヶ月ごとに繁忙期があり、なかなか勉強のリズムが作れませんでした。今の職場は毎日定時で帰っている(帰らされる)ので、卒業までの残り44単位を2017年で一気に取得しようと考えていたところ、大きな誤算でしたね。

 

なぜ学士が欲しいのか

今の部署にいる限り、忙しい時期はほとんどないため、とにかく勉強をしたいと思っています。産能大学に再入学し、さっさと学習を再開すれば2年で学士を取れるだろうとは思いますが、その前になぜ僕が学士を欲しいのかについて考えてみました。

 

今は就職していますし、うちの会社は学歴にこだわっていないので、今の学歴が不利になっているということはありません。なので、動機についてはどちらかというと世間でよく言われているような「足の裏の米粒」に近いのかなと思います。

 

取らないと気持ち悪いけど、取っても食えない

 

僕は英語が好きで、TOEICでは900点を超えましたが、そこで満足せず、もっと向上していければいいなと思っています。学士はそのための第一歩かなと思う反面、他にもっとやるべきことがあるんじゃないかという気もしています。

 

再入学は春までなので、もうしばらく検討してみたいと思います。

 

それでは、また

 

今週のお題「新しく始めたいこと」