バンブルビー通信

独学で英語を習得した勉強法を書いています ときどきドイツ語

休日に電話がかかってきたら、手当をもらいたいと思った話


スポンサーリンク

Phone

昨日の朝、会社から支給されている携帯電話が突然鳴り響き、せっかくの休日モードが台無しになりました。上司や同僚からの電話かと思って履歴を調べてみると、そこにはお客様からの電話番号が表示されていました。

 

すぐに折り返し電話を入れたところ、お客様に貸し出す予定の備品が届いていないとのこと。しかし、その備品は確実に発送していた記憶がありましたので、会社に行って運送上を調べましょうかと提案しました。

 

するとお客様の方から「休日なので大丈夫です。代替品を使用するので」ということを言われました。それで電話は終わりましたが、気になってしまったので結局会社に行って運送状を確認することにしました。

 

ちゃんと発送していた

結論から言うと、備品の発送履歴がちゃんと残っており、宛先も間違いなく指定の場所になっていました。それを確認したことでスッキリしましたが、休日に会社まで出てしまったことで、なんとなく損をしたような気分になりましたね。

 

会社携帯が休日に鳴ったら?

僕の会社では、休日にお客様から問い合わせがあると、事情によってはお客様に請求することができるという運用になっています。そのため、休日にプライベートで外出する時も、家にいる時も常に会社携帯を持つ必要があります。

 

他のみんなもそうなんだろうと思いましたが、会社によっては休日は会社携帯を電源OFFにしたり、会社に置いて帰れというところもあるんですね。

会社携帯を支給されたら運の尽きだと思っていましたが、実際にはそんなことはなく、会社によって幅広いんですね。羨ましい話です。

 

会社携帯を持つ場合の手当は?

会社携帯が休日に鳴り、電話に出た場合は請求対象になるので、僕たちにも手当があって欲しいと思います。が、現実は会社携帯を使用したとしても、手当はつかないんですよね。

 

僕が以前にいた会社では月に1度、週末の電話当番が決まっていました。その時は必ず電話に出る必要がありましたし、いざとなったら出勤しなければならなかったので、手当がついていました。

 

この休日の会社携帯に関する手当については、会社からの指導で電話に出なければならない場合は手当が必要で、そうでなければ従業員の個人的な判断扱いになるので、手当は不要だということでした。

 

会社所有の携帯電話の時間外使用および休日使用の残業問題 - 『日本の人事部』

 

というわけで、今の会社では休日の携帯使用は個人判断扱いになっているようですね。と言っても携帯電話に出なければ怒られるので、釈然としない感じがします。

 

会社携帯をできれば持ちたくない

実際に自分で持つまでは、会社携帯が支給されるのは羨ましいと思っていました。例えば会社携帯を持つ同僚と電話をする時、会社携帯を支給されていないとプライベートの携帯電話でかけなければならず、通話料が出てしまうからです。

 

それに、携帯を2台持っているというのはどこかデキる男みたいな感じがしてカッコイイんじゃないかと思っていたからですね。しかし実際に会社携帯を支給されると、休日は常に電話を気にしていなければならないですし、携帯電話を2台も持ち歩くというのは不便極まりないと思いました。

 

色々と窓口を任されているので仕方ないと割り切ってはいますが、できれば会社携帯は持ちたくないですね。

 

まとめ

休日に会社携帯が鳴り、電話に出た場合は以下のようになるようです。

  • 会社からの指示:手当が必要
  • 個人判断扱い:手当は不要

とりあえず、休日に突然電話が鳴って困らないように、平日の就業時間中に懸念事項を潰し、安心して休日を迎えられるような仕事をしたいですね。

 

それでは、また。