読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンブルビー通信

独学で英語を習得した勉強法を書いています ときどきドイツ語

うまい文章=目的を達成できる文章 文章術をしっかり学びたい

ライフハック ライフハック-文章

スポンサーリンク

f:id:bbb_network:20160502231657j:plain

2016年4月29日からGWが始まりましたね。長い人では10連休とかになるようです。僕の会社も基本的に休みとなっているのですが、産能大学で行われたスクーリングに3日間参加してきました。さらに本日5月2日は出勤だったので、あまり長期休みといった感じがしないんですよね。

 

5月3日からはGW後半と言われていますが、大雨スタートとなりそうです。もともとどこかに出かける予定はありませんでしたが、GWは普段はできないような勉強をしてみみたいと思います。

 

それは、文章術を学ぶということです。

 

うまい文章とは

僕が今回、文章術を勉強する題材にしたいのが、山口拓朗さんの「うまく はやく書ける文章術」という本です。

何を書けばいいかわからない人のための「うまく」「はやく」書ける文章術

何を書けばいいかわからない人のための「うまく」「はやく」書ける文章術

 

先日、本屋へ寄った際に発見し、すぐに購入しました。あらゆる文章が書けるということですので、期待をしています。この本の最初のページに、以下のような言葉がありました。

 

うまい文章=目的を達成できる文章

 

ということになるようです。

 

読む人に貢献すること

先に出てきた「うまい文章=目的を達成できる文章」ですが、これを書くためにはとにかく「読む人に貢献すること」を意識することが重要だそうです。僕は以前に書いた記事の中で、ブログはウェブ上に残すログであり、自分のために書くという内容の記事を書いていました。 

ログを残すためにブログを書くというのが本来の意味合いなのかもしれませんが、こうして過去記事を振り返った時、やはりもっとうまい文章を書けるようになりたいと思います。そのために必要だったのが、「読む人に貢献する」という意識だったんですね。

 

もともと文章を書くことが好きだから

 以前に投稿したこちらの記事でも触れましたが、僕は昔から文章を書くことが好きでした。特に高校時代は短編小説や小論文を書き、いくつか賞をもらったこともあります。

 

それなのに、いつの間にか文章に対する思いが弱くなり、ブログを書くようになっても惰性でログを残すというような形になってしまっていました。自分が好きなことを続けるということは、人生を充実させるためにも重要なことなので、このGWに改めて文章術を学んでみたいと思います。

 

まずは当ブログを読んでくれている人に少しでも貢献できるよう、意識して今後の記事を書いていきたいですね。

 

それでは、また。

今週のお題「ゴールデンウィーク2016」