バンブルビー通信

独学で英語を習得した勉強法を書いています ときどきドイツ語

備えあれば憂いなし 英語面接の本を買ってみた


スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/61904084@N00/17338151141

 

3月までの忙しさが嘘のように暇になってしまい、今日も定時で会社を出ました。真っ直ぐ家に帰るのもつまらないので、隣町までふらっと電車に乗って本屋に向かいました。

 

久しぶりにゆっくりと時間が取れそうなので、何か洋書を買いたいと思ったからです。繁忙期で自分の時間がまったく取れない日々が続きましたが、その中で気がついたのはやっぱり自分は英語が好きなんだということですね。洋書は最寄りの本屋では取り扱っていないので、買いに行くときはいつもワクワクします。

 

本屋に到着して洋書を探していると、英語書籍のコーナーにとても興味深い本を見つけました。洋書を買うつもりだったのが、結局違う本を買うことにしました。

 

英語の面接 直前5時間の技術 

CD付 英語の面接 直前5時間の技術 (しごとのミニマム英語)

CD付 英語の面接 直前5時間の技術 (しごとのミニマム英語)

 

この本は英語の面接でよく使われるフレーズをただ集めただけではなく、アイコンタクトや握手の仕方、事前リサーチの仕方なども書かれていました。僕はこれまでに英語の面接ということで電話面接を経験したことがありますが、実際に外国人を前にする英語面接というのを受けたことがないので、いざという時のために準備をしておきたいと思いました。

 

面接で重要な質問は

英語面接に限らず、やはり面接で重要なのはある程度決まっていると思います。

  1. 自己紹介
  2. 自己PR(長所、短所など)
  3. 企業への質問

自己紹介と自己PRは同列な気もしますが、面接の初めに面接官へ好印象を与えるためにはとても重要なポイントになりますよね。また、面接の終わりに聞かれる「何か質問はありますか?」というのは、企業へ本気度を伝えるために重要になるようです。

 

そういえば、以前にこんな記事を書いていたことを思い出しました。

ここで書いたような内容も、その本の中に記載されていたので納得しました。

 

備えあれば憂いなし

前回記事を買いた時も、今回もまだ外資系に転職はできていません。現在は今後の自分の人生をどのようにしていきたいのかということで、毎日色々と考えています。

 

ただ、チャンスが来た時に準備不足で後悔するということだけはないように、可能性があるなら準備をしっかりとしておきたいと思いました。英語での自己紹介は面接だけではなく、新しい人と知り合った時には必ずすることなので、磨き上げて損をすることはないだろうなと。

 

繁忙期を終えて、やっぱり英語が好きだということを改めて認識したので、また英語の勉強を続けていきたいと思います。

 

それでは、また。

photo by thedailyenglishshow