バンブルビー通信

独学で英語を習得した勉強法を書いています ときどきドイツ語

いくつになっても学び続ける 社会人だからこそ勉強したい会社のこと


スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/28145073@N08/16840395246

先日、上司2人と同僚とで飲みに行きました。僕は同僚やそれぞれの上司と飲みに行くことはこれまで何度かありましたが、その上司2人が揃って飲むというのは初めてのことでした。

 

趣味の話が話題に上った時、僕の趣味は何かと聞かれたので、勉強をすることですと答えました。1人はその答えに若干引き気味でしたが、もう1人の上司はそれをとてもいい趣味だと理解してくれました。

 

社会人になってから、周りに勉強をずっと続けているという人があまりいないので、理解をしてくれたことはとても嬉しかったですね。僕は、社会人になった今だからこそ勉強したいことがいっぱい出てきました、

 

会計知識を得たい

今は社会人大学生として、10月1日から正式に入学となる通信制大学の勉強をとても楽しみにしているのですが、その前にこっそりと勉強しているものがあります。それは、社会人にとって最もコスパがいい資格と言われている簿記2級です。

 

以前から会計の知識というのはとても興味があり、これまでも色々な本を読んでいました。しかし、実感が湧かずにいたのが正直なところです。

<女子大生会計士の事件簿>世界一やさしい会計の本です

<女子大生会計士の事件簿>世界一やさしい会計の本です

 

 

新装版 世界一感動する会計の本です【簿記・経理入門】

新装版 世界一感動する会計の本です【簿記・経理入門】

 

山田真哉という作者の本はわかりやすいという評判を聞いていたので読みましたし、

なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?誰も教えてくれなかった!裏会計学

なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?誰も教えてくれなかった!裏会計学

 

こんな感じの本も読んでいました。しかし、実際に経理として働いたこともないですし、学生時代も数字は苦手だったので、どうもピンと来ませんでした。しかし、最近はチームの毎月の売上を報告する書類を作成する仕事を担当することになり、これまで以上に数字に触れる機会が増えたので、いい機会だと思って勉強を始めました。

 

まだまだ序の口ではありますが、毎日継続して問題を解いていると、だんだんと分かるところが増えてきています。このように、今まで知らなかったことが分かってくるというのはとても 刺激的な体験だと僕は思います。

 

いつかアメリカ勤務のために

こちらで書いたように、僕が勤めている会社はアメリカに子会社があります。別の国にある子会社には駐在員が派遣されていた実績もあるのですが、アメリカの子会社には駐在員が派遣された実績がありません。

 

まだ駐在員を送れるほど利益がないということで、僕が行きたいと社長に言った時、周りにいた人からは無理だと言われました。ですが、社長は覚えておくと言ってくれたので、いつかチャンスが訪れた時には確実にものにできるようにしたいと思っています。

 

アメリカに行けたとして、TOEICの点数が高いということはそこまでのアドバンテージにはならないですよね。英語というのはツールなので、そのツールを使って何ができるのかが重要だと思います。

 

会計と英語の知識があれば、駐在員として派遣された時に必ず役に立つと信じているので。

 

社会人になった今だからこそ、実体験を伴った勉強ができる

学生の時の勉強というのは、どちらかというと実体験がなく、まさに机上の勉強という印象がありました。しかし、今はチームの数字を報告する仕事から会計に興味を持ったり、新人の教育係としての体験から人的マネジメントに興味を持ったりと、次々に勉強したいことが増えています。

 

通信制大学を選んでいる時、得意な英語を重点的に学べる英文学科のあるところにしようかと検討をしましたが、やはり社会人になったからには実践的な勉強をしてみたいと思い、産能大学に決めました。

 

 

社会人として残業があったり、付き合いが増えて忙しい日々ではありますが、好奇心を常に持ち続けてこれからも勉強していきたいと思います。

 

それでは、また。

 

今週のお題「いま学んでみたいこと」

photo by Moyan_Brenn