バンブルビー通信

独学で英語を習得した勉強法を書いています ときどきドイツ語

人生は有限 好きなものを最初に食べるようにすることもいいのかもしれない


スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/79415820@N08/16300839496

 

好きなものを食べる時、最初に食べる人と最後まで残して食べる人がいますよね。僕は最後まで残して食べる派なので、中華料理やパスタなどで好きなエビがあると、必ず最後の一口はエビになります。

 

我慢をして最後の後味を楽しみたいというタイプなんですが、最近ふと考えるようになりました。極端な話にはなりますが、この大好物を食べる前に突然何かの事件に巻き込まれてしまう可能性はゼロではないですし、人生は有限なもの。楽しみを得られる時に、確実に利益を確定しておくということがいいんじゃないかなということです。

 

自分を満たすことを後回しにしない

自分を愛する習慣

自分を愛する習慣

 

近所のコンビニに立ち寄った時、こちらの本を購入しました。僕はポジティブなことを書くようにしていますが、どうしても過去の後悔を拭い去ることができずにいます。

 

ちょっとした合間に気軽に読めそうだったので購入をしましたが、なかなか面白い考えが書いてあり、参考になりました。それが最初に書いた、好きなものを最初に食べるということです。

 

握り寿司を食べる順番が変わった

著者が阪神淡路大震災の後、被災地でセミナーを行った時のエピソードが書かれていました。

「こういう人生を変えてしまうような大惨事が起こると、人生観が変わります」とみなさんがおっしゃっていたのですが、ある女性は、「握り寿司を食べる順番が変わりました」と語り会場に笑いがでました。最後においしいものを食べようととっておくと、急に停電で暗闇になったときに、それが食べられなくなるから、自分にとっていちばんおいしいものを先に食べるようになったと言うんです。まさに人生において「自分を満たすことを後回しにしない」という教訓です。

この、いつ何が起きるかわからないから、まずは自分の欲しいものからするという考え方について改めて納得してしまいました。

 

いまを大切に生きる

上で紹介した本に納得した理由として、僕が以前に勤務していた会社の影響があります。福祉関係の仕事をしていた時、多くの要介護者の様子を見ました。今の自分が当たり前にできていることが、歳をとると当たり前ではなくなってしまうんですよね。

 

浴槽をまたげない、ちょっとした段差でつまづいてしまうといったものもありましたし、前日まで一緒に残業をしていた上司が突然心筋梗塞を起こしてしまったこともありました。その上司はまだ30代前半だったので、本当に驚きました。

 

食事だけではなく、行楽や勉強も含めて、今の自分にできることは積極的に行っていきたいと思いました。苦労の後に楽しみがあるという考えも大事ですが、楽しみを得てから頑張るということもありなんじゃないかと。

 

理想の将来像を追いかけて”いま”を蔑ろにせず、自分を満たしていきたいですね。

 

それでは、また。

photo by Foodie Baker