読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンブルビー通信

独学で英語を習得した勉強法を書いています ときどきドイツ語

週に40時間働くということは、ドラクエをクリアできるくらいの時間だということ


スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/16230215@N08/3066799064

 

僕の同僚に、毎日しっかり定時で帰る人がいます。自分の仕事を時間内にきっちりと終わらせることができるだけの能力を持っているので、定時で帰ったとしてもその人に文句を言う人はいません。

 

残業をしないで毎日帰れるのは凄いですねと僕が言うと、その人はこう言いました。「週5日で8時間働くと、40時間になりますよね。40時間って、ドラクエをクリアするくらいの時間なんですよ」

 

この言葉の後には「だから残業をしている人はうんぬんかんぬん」という抜き身の日本刀のように尖った言葉が続いたので割愛しますが、そのドラクエの例えを聞いた時、僕はサラリーマンとして定時間内だけでも40時間を使っているんだということを実感したと共に、改めて意識をしたことがありました。

 

サラリーマンは毎週、ドラクエをプレイしている

Yahoo! 知恵袋に、ドラクエの総プレイ時間数に関する質問がありました。僕はドラクエのうち、最後までクリアしたのは4,5,6と8だけですが、ベストアンサーに選ばれていた解答によると、ちょうどドラクエ6とドラクエ8が40時間という解答でした。

 

余談として、僕自身はRPGでレベル上げを地道に続けることが好きなので、実際のクリア時間はその4倍くらいかかっていたような気がしますが、普通に進めていくとおよそ40時間くらいでクリアになるようです。

 

僕の同僚が言っていたように、そうなるとサラリーマンは毎週ドラクエをクリアできるくらいの時間を仕事に費やしていることになるんですよね。

 

つよくてニューゲーム

ということは、僕たちは毎週ごとに新たな冒険を開始しているというようにも考えられるのかなと思いました。しかも、それは開始するごとに初期装備でレベル1からではなく、前回のプレイ内容を引き継いでいる「つよくてニューゲーム」です。

クロノ・トリガー オリジナル・サウンド・ヴァージョン

クロノ・トリガー オリジナル・サウンド・ヴァージョン

  • アーティスト: ゲーム・ミュージック,光田康典,植松伸夫
  • 出版社/メーカー: プライエイド
  • 発売日: 1995/03/25
  • メディア: CD
  • 購入: 3人 クリック: 41回
  • この商品を含むブログ (48件) を見る
 

「つよくてニューゲーム」というのは、小学校時代にとても人気だったクロノトリガーが初出だそうですが、一度クリアをしたデータを引き継いで最初からやり直せるというものです。

 

一週間単位でも成長していける

会社の仕事はつよくてニューゲームのように同じシナリオではないですし、さらに40年間というサラリーマン人生から考えたら、週に40時間というのは本当に少ない時間なのかもしれません。

 

それでも、1週間で1つの冒険を終わらせたと考えれば、1週間単位で成長をしていけるんじゃないかなと思いました。起業をしている人とは感じ方が違うと思いますが、サラリーマンはサラリーマンとして、日々の成長を実感していければいいなと。

 

最後に、僕が大好きなバガボンドから吉岡伝七郎の言葉を紹介して終わります。

鷲のように飛べたら、蟻が一歩一歩歩いていることなど見えやしないだろう。でも歩いているんだ。蟻は歩いているんだ。一歩一歩、喜びをかみしめながら。(吉岡伝七郎)

 

それでは、また。 

photo by h.koppdelaney