読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンブルビー通信

独学で英語を習得した勉強法を書いています ときどきドイツ語

アルベルト・シュバイツァーの言葉 幸福が成功の鍵

英語関連 英語関連-名言・格言

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/55046645@N00/256628505

 

僕が勤務をしている会社は職人気質というか体育会系が多く、事務よりも現場作業者が評価を受けやすくなっています。僕はずっとバックオフィスをメインにこれまで働いて来たので、今の会社に入ってから現場力を磨けと言われると、どうしても乗り気がしませんでした。

 

しかし、会社が望んでいるのはバックオフィスで活躍することよりも、現場作業を行うことのため、僕も評価を受けるために苦手な現場作業になるべく手を出すようにしていました。苦手な分野を伸ばすことも必要なことだと思いますが、どうしても自分の中で飲み込めていなかったんだと思います。

 

そんな時、アルベルト・シュバイツァーの言葉に出会いました。

幸福が成功のカギ

"Success is not the key to happines. Happiness is the key to success. If you love what you are doing, you will be successful."

「成功は幸福の鍵ではなく、幸福が成功の鍵である。自分のしていることが好きなら、きっと成功するだろう」

Albert Schweitzer

何かで成功を掴んだら幸せになれるというように考えがちですが、幸せだから成功を掴めるということを言っている言葉です。これは自分の仕事にも当てはまるんじゃないかと思いました。

 

日本のことわざでは好きこそものの上手なれというものがありますし、好きでずっと続けられているから上達していくんですよね(下手の横好きという反対の言葉もありますが、それはさておき)。今の会社では現場作業が評価されやすいですが、その代わりに英語が得意な社員というのはあまりいません。

だからこそ、社長が喜んでくれたんじゃないかと思っています。苦手で好きではない現場作業を人並みに覚えるということよりも、自分が大好きで得意としている英語を誰にも負けないくらい磨くこと。それこそが今の自分に必要な事なんじゃないかと思いました。

 

今までは英語のインプットが中心でしたが、これからは英語のアウトプットを中心に勉強していきます。そうやって毎日、楽しい気持ちで過ごすことで、シュバイツァーが言うように成功を掴めればと思います。

 

それでは、また。

photo by practicalowl