バンブルビー通信

独学で英語を習得した勉強法を書いています ときどきドイツ語

サブリーダーの役割とは、リーダーの業務を完全にできることらしい


スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/126620296@N08/15347212616

 

僕は現在、チームのサブリーダーとして働いています。

 

サブリーダーというのは、チームリーダーができないところをサポートする役割なのか、それともチームリーダーが不在時などに代わりに業務を行うのが役割なのか不明瞭でしたが、上司との面談の中でようやくハッキリとわかりました。

 

上司が求めていたサブリーダーというのは、僕が今まで目指していたチームリーダーができないところをサポートするタイプのサブリーダーではなく、文字通りチームリーダーと同じ動きができる人間だったようです。

 

サブリーダーの役割とは

チームリーダーと同じ業務を行うということを最優先に考えた時、ふと疑問が生じました。それは、チームリーダーが「自分はやらない」と明言をしている、僕が担当している業務のサポートは誰が行うのかということでした。

 

チームリーダーは自分でも「俺はチームリーダーに向いていない」とか「俺は他人に興味がない」と言い切ってしまう人のため、メンバーに指示を出す役割が基本的に僕が行っていました。だからこそ、僕はチームリーダーができないところをサポートするのがサブリーダーの役割だと思っていましたが、チームリーダーと同じ業務を出来るようになることがサブリーダーとして100%の達成だと言われると、やはり腑に落ちない感じがしました。

 

悩まない仕事はない

今の部署に移ってから、僕は業務のことで悩むということがかなり少なくなりました。それまではミスをしたらどうしようというような不安の中で業務を行っていましたが、今は知識が増えたおかげで心に余裕があり、業務をしっかりと回すことができています。

 

しかし、チームの中で最年少でありながらサブリーダーとなったことで、これまでメンバーに指示を出すことに少なからず抵抗を感じていました。しかし、それがまったくの杞憂であり、本当に求められていたのはチームリーダーの影武者だったというのは何だか肩すかしを受けたような感じですね。

 

これから、チームメンバーに指示を出したりせず、チームリーダーの影武者として業務を新たに覚えることに集中してみたいと思います。その結果、チームの生産性が落ちたとしたら。。。

 

ということまで心配をせず、面接で聞いたことをしっかりと行いたいと思いました。

 

それでは、また。 

photo by teteroon