バンブルビー通信

独学で英語を習得した勉強法を書いています ときどきドイツ語

サブリーダーの役割ってなんだろうかと思った話


スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/45298044@N06/9445575025

 

ようやく長かった繁忙期を終え、今日から気分新たに新年度を迎えることになりました。

 

昨年は4月1日付で部署異動となったので、ばたばたとした新年度となりましたが、今年度は非常に穏やかな始まりとなりました。昨年度に立ち上げた業務が軌道に乗り、ことしはさらに新規業務の立ち上げ担当となる予定です。

 

その中で、1つだけ自分の中で消化しきれていないことがあります。それは、僕がチームの中でサブリーダーになったということです。

サブリーダーの役割とは?

チームの体制を強化するということで、光栄にも僕がサブリーダーを任されることになりました。しかし、サブリーダーはどんなことが求められているのか、世間ではあまりはっきりと規定されていないような気がします。

 

チームのリーダーのタイプによって、サブリーダーに求められる資質が変わってくるんだとは思いますが、そういった指針が無いというのはなんだか不安に思ってしまいました。考えてみたところ、サブリーダーは大きく2つのタイプに分けられるんじゃないかと思います。

 

  1. リーダーと同じ業務を行えるようになる
  2. リーダーができないところを補う

 

昨年度のチーム内での働き方としては、僕とリーダーは別の業務を担当していました。僕はメンバーでしたが、新規業務を立ち上げたということで他のメンバーの進捗具合を確認したり指示を出すことが多かったような気がします。

 

そういうわけで、今回のサブリーダーの話というのは2.のリーダーができないところを補うのが主な意義だと考えていました。しかし、今朝の朝礼の話ではどうやら1.のリーダーが不在時にリーダーとしてチームを見るということが主目的のようです。

 

サブリーダーとして今年はより深くチームに関わっていく必要があるので、今年はまた悩むことが多くなりそうな気がします。しかし、せっかく頂いたチャンスでもあるので、しっかりと活かしていきたいですね。

 

それでは、また。

photo by Adam Fowler