読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンブルビー通信

独学で英語を習得した勉強法を書いています ときどきドイツ語

パスワードに自分の目標を入れるとモチベーション維持に役立つということを実感


スポンサーリンク

f:id:bbb_network:20150218224750j:plain

会社のパソコンは、セキュリティ対策のために一定時間が経過するとパスワードを入力しなければならなくなります。

 

そのパスワードは入社時に決めた、自分の名前や誕生日を加えたような簡単なパスワードになっていました。あまりに長く難解なパスワードにしてしまうと、頻繁にパスワード入力をするのが辛くなってしまうからです。

ハッキング対策! 覚えやすくて超強力なパスワードを簡単に作る方法 - バンブルビー通信

 

最近、パスワードを以前に書いたように一度自分で文章を作り、そこから文字や数字を抽出するという方法に変えてみました。その文章を自分の目標を想起するような内容にし、さらにパスワードの中にキーワードを組み込んでみました。

 

パスワードに目標を組み込んでみた

文字や数字を抽出して作るパスワードだと、どこか味気ない印象がありました。ところが、そこに自分の目標とするキーワードを組み込んだところ、パスワードを入力するたびにその目標を意識するので、モチベーションの維持がとても簡単になりました。

 

このキーワードというのは何でもいいですね。例えばMBAを目指すというのであればそのまま”mba”と入れてもいいですし、医者なら”dr”、貯金が目標なら”s@ve”なんかも使えるんじゃないでしょうか。

 

自分の目標というのは一日のうちで、そこまで何度も想起するものではないので、パスワード入力という一日に何回も行う必要があるもので目標をイメージすることができるというのは、とてもいいモチベーション維持の方法だと思いました。

 

これからパスワード設定をする際には、自分の目標をイメージできるようなものを作りたいですね。

 

それでは、また。