読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンブルビー通信

独学で英語を習得した勉強法を書いています ときどきドイツ語

プチ同窓会の度重なる延期 もう次はないだろうなと思った話

雑記

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/76830337@N07/9448733089

 

昨年の11月、10年ぶりとなるプチ同窓会を行いました。

 

なぜプチかというと、僕が行っていた塾の同期生による同窓会だったからです。全部で5名だけの小さな個人塾だったので、久しぶりに再会できることを楽しみにしていました。

 

ところが、実際に日程を決めていくとまず2人が参加できないということになりました。理由はイベントへの参加と金銭的な問題です。

 

結果、プチ同窓会は3人だけでひっそりと行われました。

 

またまた同じメンバーが不参加表明

それから忘年会をやろうという話が持ち上がりましたが、忙しいという理由で流れました。年が明けて新年会を開こうという話も出ましたが、同じく新年は忙しいということで同じメンバーが断るという状況になっています。

 

個人的にはその2人は参加したくないんだから、もう誘わなければいいと思うのですが、どうも幹事は全員参加に拘っているようです。何度も話が持ち上がっては延期になるので、すっかり意気消沈してしまいました。

 

何かを企画する際には、参加しないメンバーよりも参加するメンバーを重視したい

昔の友人やスポーツチームのメンバーと再会したいと思う人もいるのかもしれませんが、僕もあまり昔の人とは率先して会いたいとは思いません。ちょうど今の職場や友人が、これまでの人生の中で一番楽しいからなのかもしれませんが。

 

学生の時には部活でエースだった人がフリーターをしていたり、逆に補欠だった人が大企業に勤めていたりと、学生時代からは価値観が変わっているので、その変化を嫌う人は必ずいるんだと思います。

 

これから僕が何かのイベントを企画する際には、参加しないメンバーに合わせるのではなく、参加をするメンバーに合わせて進めていきたいですね。わざわざブログで書くような内容でもありませんが、ふと思ったのでログとして書いておきたいと思います。

 

それでは、また。

photo by the past tends to disappear