読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンブルビー通信

独学で英語を習得した勉強法を書いています ときどきドイツ語

教養として JAZZ喫茶に行けるようになりたいと思った


スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/8816624@N08/3569206851

 

今週のお題「10年」ということで、10年後にしていたいことを色々と考えてみました。

 

10年後は僕もアラフォーになっているので、大人のたしなみとして教養を深めることができていればいいなと漠然と思いました。教養というと芸術や音楽など色々ありますが、その中で個人的に好きなこととしてJAZZをたしなんでみようかなと。

 

ジャズの教科書: 大人のたしなみシリーズ (Gakken Mook 大人のたしなみシリーズ)

ジャズの教科書: 大人のたしなみシリーズ (Gakken Mook 大人のたしなみシリーズ)

 

本屋で偶然に見つけたのがこちらのムック本です。全部で4つの章に分かれています。

 

  1. 7人の「ジャズ・ジャイアンツ」
  2. ジャズとは何か?
  3. ようこそ! ジャズ喫茶へ
  4. ジャズ・ライブへの招待

 

まだ最初の部分しか読めていませんが、この中で一番気になっているのが3.のジャズ喫茶の紹介です。ジャズ喫茶というのは名前だけ知っていましたが、実際にどのような場所なのかはあまり知りませんでした。

 

昔はコーヒーとジャズを楽しむところで、おしゃべり厳禁だったり、気難しいマスターがいるというようなイメージだったそうですが、今ではお酒を出したりマスターも物腰が柔らかいなど、変わってきているようです。

 

東京都内にあるジャズ喫茶がいくつか紹介されていたので、ジャズの歴史やたしなみを学んだ後は、実際に足を運んでみたいと思いました。10年後、アラフォーになった時、そういった深みのある教養人になっていたいですね。

 

それでは、また。

photo by Haags Uitburo