読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンブルビー通信

独学で英語を習得した勉強法を書いています ときどきドイツ語

あれこれ悩む前に 自分でコントロール「できること」と「できないこと」を分けて考える

雑記 雑記-人生

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/52359155@N00/3478336038

今日は久しぶりに同僚と飲んでから帰りました。

 

先月に人生初となる証券口座を開き、今はNISA口座の開設を待っている状態のため、しばらくはお酒を飲みに行くということを我慢していました。この飲み代を投資した方がいいんじゃないかというように、視野が狭まっていた気がします。

 

その同僚はもともと資産家の生まれのため、いわゆる財産というのが普通の家庭よりも多くあります。その人と話をしている時、ふとした瞬間に羨ましいなという感情が出てきてしまうことが多くありました。

 

しかし、そうやって自分でコントロールできない生まれの差について悩むのは、とても無駄な事なんだと最近気が付きました。

 

自分にコントロールできないこと

漠然とした人生に対する不安や不満の中で、これからも絶対に解決することがないのが自分にコントロールできないことに対する悩みです。同僚の例で言えば、資産家の家に生まれたというのはコントロール外のことなので、ラッキーだったと言えるかもしれません。

 

僕もできれば資産家の家に生まれたかったと思いますが、それは僕の努力が足りなかったからとかそういう問題ではないんですよね。他にも色々とあるかもしれませんが、そういった自分にコントロールできないことで思い悩むのは止めようと思いました。

 

自分にコントロールできること

一方で、自分にコントロールできることというのは自分の力で解決することができますよね。

 

資格を取ることだったり、会社の仕事を頑張って評価を得ることだったり。会社で出世するかどうかは、半分は上司からの評価なのでコントロールできませんが、仕事を精一杯やるということはコントロールできます。

 

僕は大学を卒業していないので、学歴に対する引け目というのがありますが、これも今だったら通信性大学など、頑張れば大卒になることだってできますよね。

 

2つに分けて考える

コントロールできることとできないことに分けて考えることで、思い悩むというエネルギーの無駄遣いを減らすことができると思いました。

 

コンプレックスに感じていることのうち、コントロールできないことは自分の責任ではないことが多いので、仕方が無いと割り切ることも大事なんじゃないかと思いました。その代わり、自分でコントロールできることで悩むくらいなら、それを解決するために努力をしていきたいと思います。

 

今年の4月からはまた仕事が落ち着くので、そこから1年間をどのように過ごすのか、去年の自分よりも改善された自分になれれば嬉しいですね。

 

それでは、また。

photo by kcolwell