読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンブルビー通信

独学で英語を習得した勉強法を書いています ときどきドイツ語

ワインを飲んで頭痛になる 原因は亜硫酸塩かアミンか

雑記

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/84923476@N00/360027989

 

最近、ワインが飲めるようになりました。

 

僕はお酒を飲む時はサワー系か梅酒のように、甘いものが好きだったのですが、先日に参加したふるさと祭りでテイスティングをしたドイツ産の白ワインがとても美味しく、それからちょくちょくワインを飲むようになりました。

 

以前にワインを飲む時は、赤ワインばかりで、独特の渋みが苦手だったんですが、白ワインというのは意外と渋みが少なく、とても飲みやすくて驚きました。ところが、ワインによってはすぐに頭痛が起こるものがありました。

 

お酒にはそれほど弱くないので、どうしてなんだろうと探していると、どうやらワインには頭痛を引き起こしやすい成分が含まれているようですね。


ワインを飲むと頭痛になる理由と、簡単に解消する方法 | ライフハッカー[日本版]

 

こちらの記事の内容によると、ワインで頭痛を引き起こす原因としては亜硫酸塩かアミンのどちらかということです。亜硫酸塩だった場合、エビを食べたりしても頭痛が起きやすいということですが、僕はエビが大好きなので、亜硫酸塩ではなさそうでした。

 

一方のアミンで起こる頭痛では、ヒスタミンが血管を拡張させて起こるタイプと、チラミンが血管を収縮させて起こるタイプがあるようです。僕が感じる頭痛はズキズキとした痛みなので、たぶんヒスタミンによって血管が拡張して起きているんじゃないかと思いました。

 

ただ、毎回頭痛が起きるわけではないので、その時の体調次第ということなんでしょうか。まだ飲み始めたばかりなので、今後も自分の頭痛がどのような時に起きるのか、調べてみたいと思います。

 

それでは、また。

photo by slack12