読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンブルビー通信

独学で英語を習得した勉強法を書いています ときどきドイツ語

英語では何て言う? 初志貫徹と朝令暮改


スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/72774615@N05/14435291648

2015年の個人的なテーマは「冒険」と「継続」です。

 

冒険というのは今までの自分だったら選択しないようなことを意識して選ぶということであり、継続というのは日記だったりブログの更新、その他勉強などを継続して行うということです。一見すると相反するようなテーマを掲げましたが、今までの自分を振り返るとこの2つが足りていなかったので。

 

このように決めたことを貫き通すことを、初志貫徹と言いますよね。僕はこれまでの人生で初志貫徹だったと言えるようなことがあまり思い浮かばないので、残念ながら初志を貫徹できていないのかなと。

 

ですが、初志貫徹とは対極にあるような言葉である朝令暮改な生き方というのも、悪くはないのかもしれないと思いました。

 

初志貫徹とは

初志貫徹というのは、その言葉の通りに「最初の志を変えず、徹底して貫くこと」という意味ですね。この徹底して貫くということが僕に足りない部分でした。どうしても一つのことを決めてもつい目移りしてしまい、他のことが気になってしまうんですよね。

 

ちなみに英語では何て言うのかなと気になったの調べたところ、以下の表現が出てきました。

carrying out one's original intention

originarl intentionが初志、carrying outが実行するという意味なので、初志を実行するということで「初志貫徹」になるんですね。勉強になりました。

朝令暮改とは

今回僕が気になっているのが、朝令暮改です。朝令暮改というのは、読んで字のごとく、朝に施行された法令が夕方にはすぐに変更になるというように定まらないことを意味している言葉です。

 

そう聞くとあまりいいイメージにならないかもしれませんが、マーケティング業界なんかで使われているPDCAサイクルを短い期間で回すことができていると考えてみると、違った見方になるような気がしました。

 

せっかくなので朝令暮改の英語も調べてみると、以下のようになります。

inconsistent policy

一貫していないポリシーということで、まったく良い方向に解釈することができない表現でちょっとガッカリしました。それはさておき、朝令暮改です。

 

僕は英語が大好きで勉強してきましたが、他にも中国語とかスペイン語、さらにはロシア語にも手を出したことがあります。でも、挫折しているんですよね。。。

 

英語を独学でTOEIC925点まで伸ばしたということで、語学のセンスがいいんじゃないかとうぬぼれた時期もありましたが、こうやって振り返ってみるとそうでもなさそうです。

 

初志貫徹と朝令暮改をいいとこ取り

自分に向いているかわからないものを続けるということも時には必要なのかもしれませんが、自分に向いていないとわかったらさっさと方向転換をして新しい方向に目標を定めるということも同じくらい必要なことなんじゃないでしょうか。

 

そうした意味で、今年のテーマである「継続」に対しては「初志貫徹」を、そしてもう1つのテーマである「冒険」には「朝令暮改」が当てはまるんじゃないかと。朝令暮改を繰り返して自分の適性を見つけ出し、これだと思ったものを初志貫徹で成し遂げる。

 

そういった生き方を今後も目指したいと思います。

 

それでは、また。

photo by FranksWorldPics