バンブルビー通信

独学で英語を習得した勉強法を書いています ときどきドイツ語

ヘンリー・フォードの言葉 障害とは


スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/7977981@N06/2601505449

 

ヘンリー・フォードといえばアメリカの車社会の礎を築き、アメリカの成功者として有名な人ですよね。

 

そのヘンリー・フォードが遺した、人生における障害についての言葉がとても素敵だったので、自分なりに考えてみました。

 

"Obstacles are those frightful things you see when you take your eyes off your goal."

”障害とは目標から目を逸らした時に見えてくる恐怖を感じさせるものだ。”

by Henry Ford

確かに目標に向かって夢中で突き進んでいるという時というのは、意外と恐怖を感じず、ひたすら進むことができますよね。それが思ったように成果が出なかったり、調子が狂ってしまった時、目標を達成できないんじゃないかというような恐怖が現れます。

 

そんな時というのは、うまくいかないのは自分にはあれが足りないとか、これをもっていないから目標を達成できないというように成功できない理由を探してしまいがちです。

できない理由を探すより、できる理由を探したい アメリカンジョークから考えたこと - バンブルビー通信

 

そんな時は、できない理由を探すよりもできる理由を探し、常に目標に視点を定めておくことが必要なのかなと思いました。日常生活や仕事において、色々と上手くいかないこともありますが、自分の目標に向かって頑張りたいと思います。

 

それでは、また。 

photo by Rickydavid