読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンブルビー通信

独学で英語を習得した勉強法を書いています ときどきドイツ語

「自分に対しては違うんだけど」というリーダーにガッカリした話


スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/72378228@N00/8760898697

 

11月末から会社に新しい人が入っています。

 

その人に業務を教えるのが僕の役割だったので、自分なりに考えて教育をしていました。その人に対して行ったのは、自分でマニュアルを作ってもらうという方法です。

新規業務を教える時は、自分でマニュアルを作ってもらうと捗るかもしれない - バンブルビー通信

 

これにより、想定より早く業務を行ってもらうことができたのですが、どうもその後は新規業務を覚えたくないというような素振りを見せ始めました。今は特に嵐の前の静けさで業務が落ち着いていて、業務を1つしかできない新人は朝からパソコンの前に座り、時々スマホをいじるというような形でした。

 

同僚に他の業務を教えてあげて欲しいとお願いし、同僚も担当してくれたのですが、新しい業務を習得する気が全く感じられず、しまいには同僚に対して「で?」というような態度をするようになりました。

 

そこでチームリーダーに現状を相談したところ、チームリーダーはその新人と約1時間ほど話し合いをしたようです。その後でリーダーにどうだったかと訊くと、リーダーは「自分に対しては新しい業務を覚えたくないとかは言わなかった」との答えが返ってきました。

 

それを聞いて、僕は何を当たり前のことを言っているのかとガッカリしましたね。新人が僕たちメンバーに対して取る態度と、チームリーダーに対して取る態度が同じなわけないことくらい普通に考えれば分かるはずです。

 

それなのに、気を利かせて新規業務を教えようとした僕たちの方に非があるような言い方をされたので、それがとても残念でした。その新人はまだ入って2カ月目であり、女性なのでもう少し温かい目で見守ってあげてほしいとリーダーが言うので、僕は「リーダーがそれで問題ないと考えるのであれば、新しい業務を僕たちから教えることはしません」ということを伝えました。

 

「おとな」だったらわかるでしょ

今回のことで、僕はとても心がモヤモヤしました。

 

これから繁忙期を迎えたら、必ずチームに余裕が無くなり、みんなでフォローをしなければいけない状況になります。それを見越して、事前にチーム内でフォローし合える状態を目指したのですが、それはリーダーに通じませんでした。

 

まだ2カ月目というのは、気が付けば半年になり、1年になります。僕は入って1週間でほとんどの業務を叩きこまれましたし、同僚もそうでした。それが今回、新人が女性だったということで優しく見守って欲しいということが腑に落ちませんでしたね。

 

その新人がメインの業務が手いっぱいで覚える余裕がないというならまだしも、朝からスマホをいじっているような状況なのに、現場を見ることができていないんだなと思いました。

 

「こども」ならいざ知らず、「おとな」になってから20年以上経過している新人さんですが、業務をやりたくないといって非常識な態度を取る人には初めて会いました。色々な考え方の人がいるから勉強になるとは言いますが、本当だなと思いました。

大切なのはメンバーを信じること 優れたリーダーが語る9つの内容 - バンブルビー通信

 

自分のあり方は自分で決めればいい。もやもやを引きずっても自分がそんなので、しっかりと気持ちを切り替えて明日からまた頑張りたいと思います。

 

それでは、また。

 

今週のお題「おとな」

photo by queulat00