読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンブルビー通信

独学で英語を習得した勉強法を書いています ときどきドイツ語

自分の好きなことを100個以上見つけることが想像以上に難しかった話


スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/11384441@N06/3570944685

photo by Singing With Light

新年を迎えると、普段はやらないようなことをついしたくなってしまいますよね。

 

今回の年末年始は9連休だったので、いつもよりも心に余裕を持って休みを満喫することができました。その中でぜひ試してみたいと思っていたことがあり、それは自分の好きなことを100個以上見つけるということです。

 

 無理やり結びつけるのではなく、純粋に好きなことを探す

自分の好きなことを100個以上見つけるということをすると、自分が本当はどんなことをやりたいのかが明確化されるという話を聞いたので挑戦してみました。

 

僕の場合は勉強をする時、これまでの自分の道と関連性がありそうなものや得意分野を好きだと考えていました。鍼灸師という資格があり、英語をずっと勉強してきたから医薬翻訳の勉強がいいだろうとか、鍼灸師なんだから薬膳とか漢方の勉強をした方がいいんじゃないかというような感じです。

 

しかし、そういうのは頭で「好きに違いない」とか「やった方がいい」という損得勘定の下で選んだような気がしてしまい、本当の意味で自分が好きなことは何だろうかと改めて考えてみたいと思いました。

 

100個以上は本当に難しい

この好きなことを100個以上見つけるということは、ジャンルを問わずに挑戦してみました。例えば、

  • カフェでのんびりすることが好き
  • 英語が好き
  • ドイツ語が好き
  • クラシック音楽が好き
  • JAZZが好き

というような形で、とにかく思いつくままExcelシートに入力してみました。ちょうど人と話すときに「自分は~が好きなんですよ」と言えるくらいのものですね。

 

その結果、最初の40個くらいまでは順調に出てきましたが、その後はなかなか出てこなくなってしまいました。反対に嫌いなことというのも探しましたが、こちらも思ったほど数が出てこなかったですね。

 

自分自身のことなのに、改めて考えてみると中庸というか「どうでもいい」と思っていることが非常に多いんだということが分かりました。好きなことに囲まれて生きることができたら幸せだと思いますが、そもそも自分がどんなことをするのが好きなのかということを分からずにいたらそれも難しいんだろうなと。

 

どんな状況でも前向きに生きていくためにポジティブな考え方が推奨されますが、その簡単な実行方法はまず自分が何を好きなのかということを知ることだと思いました。

 

そうすれば、嫌な気持ちになったらカフェでのんびりするとか、寝る前にJAZZを聴いてリラックスをするというように、気持ちの切り替えができるんじゃないかと思います。

 

自分の好きなことをどんどん見つけていき、嫌いなことを遠ざけるようにしていくことで、自分の感情をコントロールできるようになりたいですね。

 

それでは、また。