読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンブルビー通信

独学で英語を習得した勉強法を書いています ときどきドイツ語

2015年も成長志向でありたいと思った話

ブログ 雑記

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/92221315@N00/3463699933

photo by davetoaster

このブログを書き始めたのは、2013年の8月末からなので、年だけ見れば3年目になります(期間で言えば2年ちょっとですが)。とは言え、2013年は133記事、2014年は144記事の更新となり、当初掲げていた目標の3分の1くらいしか書けていないことになり、改めて移り気な自分の性格が見えてきました。

 

何とか2015年はブログを書く時間をしっかりと確保したいと思い、気分一新ではてなブログにログインをしたところ、とても励みになる記事を見つけました。その記事に触発をされて、今こうしてキーボードを叩いています。

 


「完成形志向のブログ」と「成長志向のブログ」 - ICHIROYAのブログ

 

いつも参考にさせて頂いているICHIROYAさんの記事の中で、成長志向のブログという言葉がありました。

一方、「成長志向」は、自分はさまざまな体験や学びによって、つねに成長を続けるものだと思っている。自分の限界は、資質よりも努力が決める。失敗は成長のためには不可欠なので、失敗したことを悔いるのではなく、失敗を糧に成長したことを喜ぶ。人間関係でも、葛藤があっても、自分の限界を拡げてくれる人に近づこうとする。何歳になっても、「自分として完成した」と思わず、常に自分は成長を続けて変わっていくものだと思っている。 

 この文章が、今の自分がブログに対して持っている考え方にとても近いと思います。最初にブログを立ち上げた時というのは、英語で書かれた記事を抄訳して書いたり、海外ニュースを抄訳して載せるのがメインのブログでした。

 

でも、それを紹介するのは別に自分じゃなくてもいいんじゃないかと考えるようになり、モチベーションが下がってしまいました。それからは浮き沈みがありながらも、これから成長していく自分のためのログのようなブログを書いていきたいと思うようになりました。

 

医薬翻訳の勉強を始めたり、TOEICや英検1級、さらにはドイツ語や東洋医学と、いったいどこを目指しているんだと思われそうなブログですが、これから2015年の更新を続けるにあたって、この「成長志向ブログ」という言葉を大切に持っていきたいと思います。

 

自分がこれからどんな風に成長していくことができるのか、その軌跡を少しずつでも残していければいいなと。

 

それでは、また。