バンブルビー通信

独学で英語を習得した勉強法を書いています ときどきドイツ語

腰痛に効果があるツボ 委中について


スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/91387326@N00/3510820011

photo by postbear

先日から母が腰痛を訴えるようになりました。

 

一応病院で内臓検査を受けましたが、特に異常な所見は認められず、湿布を貰って帰ってきました。しかし、湿布というのは気休めに貼るものなので、やっぱり痛みは治まらなかったようです。

SEIRIN(セイリン) パイオネックス100本入り 1.2mm

SEIRIN(セイリン) パイオネックス100本入り 1.2mm

 

 

うちにはパイオネックスという円皮鍼(ピップエレキバンに小さな鍼が付いているようなもの)があったので、腰痛に効くツボに貼って欲しいと言われました。腰痛なので背部のツボを取ることもできましたが、今回は腰痛の特効穴と言われている委中に貼ってみることにしました。

腰痛の特効穴 委中とは

委中は膀胱経に属するツボです。

 

場所は膝の裏で、横すじの真ん中にあります。腰が痛い人はここがパンパンに張って固くなっていることが多いので、押すとかなり強い痛みがあるようです。

 

委中は簡単に言ってしまえば腰痛にはこのツボを使えというように、特効穴として知られています。なので、今回はそこに先ほど紹介した円皮鍼を貼ってみました。

 

腰痛が軽減された

貼った最初は痛がっていましたが、それから半日くらい経った後、腰が軽くなったという報告を受けました。

 

僕自身も腰痛だったことがありますが、その時に委中穴をマッサージしたり円皮鍼を貼ることで、とても腰が楽になった記憶があります。西洋医学的にはうまく説明がつきませんが、東洋医学というのは不思議だな~とその時感じました。

 

委中の押し方

膝の裏側にあるので、押す時のコツとしては以下のようになります。

  1. 片方の膝を曲げて胸に近づける
  2. 両手の親指を重ねて、膝の裏の中央部分にあてる。
  3. 押し上げる角度は膝のお皿の方向に向かい、響くところまで押しこむ。

この時、10秒くらいキープしておく方がいいです。これを何度か繰り返したら、反対側の膝も押します。

 

膝の裏からお皿に向かって押さないと力が逃げてしまうので、重いような痛みが響くまでしっかりと押しこむことをオススメします。人に押してもらってもいいですが、あまり強いと膝を壊しかねないので注意してください。

 

特効穴と言われているだけあり、効果を感じることが出来ると思います。オフィスワークで腰が疲れた時も、膝の裏ならイスに座ったまま押すことができるので、試してみるといいんじゃないでしょうか。

 

僕も久しぶりに委中穴を思い出したので、これから休憩時間などに押したいと思います。

 

それでは、また。