バンブルビー通信

独学で英語を習得した勉強法を書いています ときどきドイツ語

東洋医学と五行論 薬膳・漢方検定に向けて木火土金水を復習


スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/84617037@N00/18790219

photo by Clearly Ambiguous

東洋医学的に重要な考え方として、五行論があります。

 

前回の陰陽論というのは万物を陰と陽に分けましたが、今回の五行論というのは万物の持っている性質を5つに分類します。それが、木火土金水の5つですね。

 

前回の陰陽論と併せて陰陽五行論と呼ばれるので、両方が揃って意味を持ちます。

東洋医学と陰陽論 相対的に物事を考えること - バンブルビー通信

木火土金水のそれぞれのイメージ

五行論は万物の持っている性質を5つに分類しているので、物質としてというよりも概念として捉えることが重要です。

 

木の性質

樹木が枝葉を伸ばしていくところから、木の性質は「成長発展、のびやか、円滑」など

 

火の性質

燃え盛る炎の様子から、熱や光を発しながら上昇していくように、火の性質は「炎上、発熱」など

 

土の性質

万物を生み出し、育て養うイメージ。種が芽吹いたり、金属や化石などのように土中で変化をするところから、土の性質は「養育、受納、変化」など

 

金の性質

金属の持つ固くて冷たく、清潔なイメージ。金の性質は「清涼、清潔」など

 

水の性質

水は下に向かって流れ、物を濡らして潤すイメージ。水の性質は「寒湿、下行、湿潤」など

 

五行の相生と相克

五行の持つイメージを上で紹介しましたが、五行はそれぞれが母と子の関係であると言えます。

 

が擦れ合うことでが生じ、が燃え尽きたた後は灰となってとなり、の中には脈が生まれ、脈の近くにはが流れているというものですね。そしてを育てるので、物事は巡っています。

 

これが五行でいうところの相生関係というものです。

 

一方で、相手を打ち負かすという関係の相克関係というものもあります。

 

から養分を奪い取り、の流れをせき止め、を消し、属を溶かし、属はを伐採する道具となります。このように木火土金水の1つ飛ばしで相手を弱めることを、相克関係と呼びます。

 

他にもいくつか数はありますが、取りあえず基本的にはこの2つの関係が重要かなと思います。実際の鍼灸治療においても、五行論というのはかなり中心的な考えになってきます。

 

またそれについても、復習をしていきたいと思います。

 

それでは、また。