バンブルビー通信

独学で英語を習得した勉強法を書いています ときどきドイツ語

火垂るの墓とかぐや姫 第5回三鷹コミュニティシネマ映画祭「高畑勲監督特集」に行ってきます


スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/56412930@N00/23522284

photo by jamelah

本日11月23日は以前にも書きましたがドイツ語検定5級の受験日です。

独学でドイツ語 11月23日にドイツ語検定5級を受けてきます - 東洋医学×英語×ドイツ語 バンブルビー通信

 

直前の模擬試験では34問中31問正解ということで、91%の正解率でした。なんとか合格できるように願っています。

 

本日の試験終了後、中央線の三鷹で開催される三鷹コミュニティシネマ映画祭を友人と観に行ってきます。僕は高畑勲監督特集ということで、上映されるのは火垂るの墓とかぐや姫の2本立てだそうです。

火垂るの墓を初めて観ます

僕は友人がジブリ関係者の家族ということもあり、ジブリ映画はほとんど観に行ったりテレビで観ていますが、火垂るの墓だけは正直観たくありませんでした。もともと戦争関連のストーリーが好きではないのと、Google先生の予測変換でも「火垂るの墓 トラウマ」というのが出てくるように、かなりキツそうな印象です。

 

しかし、僕もいい年になりましたし、人生で一度くらいは観てもいいだろうということで、友人の誘いを受けることにしました。個人的には「平成狸合戦ぽんぽこ」と「かぐや姫の物語」だったらこんなにもドキドキしなかったんですが。

 

上映終了後には高畑監督のトークショーもあるそうなので、火垂るの墓で心が折られていなければブログで書きたいと思います。

 

とりあえず今は、本日のドイツ語検定に向けて最終確認作業が必要なので、短いですがこれで終わります。いい報告ができるように、なんとか頑張ってきます。

 

それでは、また。