読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンブルビー通信

独学で英語を習得した勉強法を書いています ときどきドイツ語

滋養強壮と若返り クコとクランベリーとブルーベリーの薬用酒を作ってみた

東洋医学

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/25802865@N08/9455728934

仕事で毎日パソコン画面を見続け、空き時間にスマホ、そして帰宅してからも翻訳学習とブログを書くためにパソコン画面を見るということで、最近かなり目を酷使している気がします。

 

朝起きると目が乾いているような感じがして、非常に不快なんですよね。せっかく薬膳や漢方に興味が出てきたので、何かいい食材はないかと探してみたところ、見つけたのが「クコの実」です。

 

クコの実といえば、中華料理屋で杏仁豆腐の上に乗っている赤い実ですよね。その効能がかなり素晴らしいものだったので、クコの実を使って薬用酒を作ってみました。

クコの実の効能

漢方とか薬膳では、クコは「枸杞子(くこし)」と呼ばれています。ベタインやゼアキサンチンといったアルカロイドの他に必須アミノ酸が含まれていて、滋養強壮や老化防止といった作用があるとされています。

 

薬膳的には肝と腎を補する作用があり、他には

 

・疲労回復

・滋養強壮

・便秘改善

・眼精疲労改善

・老化防止

 

このような効果があるようです。これだけでも充分に効果がありそうですが、今回は他にもフルーツを入れてみることにしました。

 

クランベリーとブルーベリー

クランベリーもブルーベリーも、アントシアニンが豊富で目にいいと言われています。クランベリーは他にもケルセチンやプロアントシアニジンという成分もあり、抗菌作用を持つそうです。

 

クランベリーの薬膳の効果としては以下が挙げられます。

・心筋梗塞

・心臓病予防

・尿路感染

・腎于炎

・膀胱炎予防

 

クコ酒を作ってみる

というわけで、クコ酒を実際に作ってみました。

 

必要なもの

・乾燥クコの実:100g

・乾燥クランベリー:50g

・乾燥ブルーベリー:50g

・ホワイトリカー(35度):1.8L

・蜂蜜:250g

・保存ビン

 

今回は保存ビンとして、ホワイトリカーとセットのものを購入しました。

 この中に、水洗いをしてから水気をよく切ったクコの実とクランベリーとブルーベリーを入れ、蜂蜜を注いだら完成です。通常は氷砂糖がよく使われるそうなんですが、蜂蜜に含まれる栄養素も一緒に摂取しようということで、今回は蜂蜜を使うことにしました。

 

基本的には毎日中身を振って撹拌することが望ましく、一ヶ月ほどで飲めるようになりますが、3カ月くらい熟成させた方が美味しく、栄養分もしっかりとお酒にのるようです。

 

薬用酒なので、毎晩寝る前に30mlくらいを飲むと胃腸と目に効果があるということなので、早く飲みたいところではありますが、それまでは我慢をしたいと思います。

 

ちなみに作ったクコ酒ですが、どうも写真の取り方が下手で、あまり美味しそうには写せませんでした。

 

 

今は濁っていますが、もう少し熟成させたら濾過をし、さらに熟成させていきます。これがどう変わっていくのか、今から楽しみです。

 

それでは、また。

photo by chooyutshing