読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンブルビー通信

独学で英語を習得した勉強法を書いています ときどきドイツ語

ブログを書くことのデメリット 時間管理の難しさを改めて実感


スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/51035555243@N01/4595386436

ブログの更新を再開して、早くも一週間となりました。

 

およそ2ヶ月ちょっとの間でしたが、ブログを全く気にしない生活を送っていたので、更新を再開してからはまたブログが気になるようになりました。やはりブログを書くということは頭の中にあることを形として残すことができるので、とても有意義なことだと実感しています。

 

そうなると、どうして自分は2ヶ月半前にブログを更新するのを止めてしまったんだろうと、後悔の念が湧きあがってきました。2ヶ月半あれば、色々なことをログとして残すことができたのに、と。

 

しかし、昨日ふとブログについて考えていると、僕にとってブログを書くことは必ずしもメリットばかりではないと気付きました。というより、2ヶ月半前に自分がブログの更新から遠ざかってしまった理由がまさにそこだったんですね。

 

自分のブログとの付き合い方を明確にするために、記事として残しておきたいと思います。

ブログを書く以外の時間の使い方

200記事達成 ブログの更新よりも大切なことは、自分自身を高めること - バンブルビー通信

この記事の中でも半分くらい自分の考えを書いていましたが、僕がブログを書くことのデメリット(あくまでも僕にとって)というのは、ブログを書く前後の時間です。ブログを書きたいと思っても、ネタを考えるのに1時間くらいかかってしまい、実際に書くのに30分、書き終わってからTwitterやFacebookページなどにも投稿したりするので、結局ブログを書く前後を合わせて2~3時間を平均で使っていました。

 

今は翻訳講座にも通っているので、毎日仕事終わりに2時間ほどを翻訳学習に費やさないと、課題の提出が間に合わなくなってしまいます。授業は提出した課題に対するフィードバック中心なので、翻訳をしていないと意味がないんですよね。

 

木曜日が課題提出の締め切り日なので、いつもその日までに課題を終わらせようと勉強しています。しかし、ブログの更新を再開したことによって、やはり翻訳学習の絶対的な時間というのが減ってしまったというのが非常に大きな反省点でした。

 

200記事達成の時にも書きましたが、やはり一番大事なことは自分自身を高めることだと思います。ブログ記事を更新した後はさっと気持ちを切り替えて、勉強に集中できるように、自分とブログの付き合い方というのを今後はしっかりと固めていきたいですね。

 

ブログを書くことのデメリットというタイトルではありますが、それでまたブログの更新を止めてしまったら何も進歩がないままになってしまいます。なので、今後は時間の管理を適切に行い、可能な限りブログを更新していけたらと思います。

 

それでは、また。

photo by Thomas Hawk