読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンブルビー通信

独学で英語を習得した勉強法を書いています ときどきドイツ語

思考と行動を一致させること 「いま」に集中できるようになりたい

雑記 雑記-人生

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/45372714@N07/10941263825

 

TOEICの受験の時に痛感しましたが、「いま」に集中をするということはかなり難しいことなんですよね。

 

目の前の問題を解いているつもりでも、頭の中は自信がなかった問題のことをくよくよと考えていたり、気を抜くと試験が終わった後の食事のことを考えていることに気が付く瞬間がありました。そういう浮かんでくる雑念をなんとか振り払いながら、目標であった点数を取得することができましたが、同じようなことは日常生活でもよくあります。

 

いかに効率よく仕事や勉強をできるかと考えたところ、やっぱり行きつくのは思考と行動を一致させるということでした。

 

思考と行動が一致していない状態とは

僕が思考と行動が一致していないと感じたのは、例えばダイエットをしなくちゃと考えているのに、ついラーメンを食べてしまうというようなことです。

 

これは頭では痩せないといけないと考えているのに、行動はラーメンを食べてしまっているので、一致していないですよね。同じような状況に、英語の勉強をしなくてはと考えているのに、ついYouTubeをだらだらと観てしまうというようなことがあります。

 

では、逆に英語を勉強しようと考えて、実際に机に向かった時、頭の中で別のことを考えているのはどうなのかなと考えました。これも、厳密に言うと思考と行動が一致していない状態なんですよね。

 

本当の意味で思考と行動を一致させたい

例えば僕は今まで、ブログを書こうと思ってパソコンの前に座るのに、気付けば別のことをしているということがよくありました。

 

ようやくブログを書き出しても、急に仕事のことを思い出したり、別のことが気になったりと、なかなか集中してブログを書くことができませんでした。そうすると、結果としてただパソコンの前に座っているだけというような状態になり、たった1000文字くらいの記事を書くのに2,3時間を費やすというようなことがあります。

 

これは本当に無駄な時間だと、最近になって強く思うようになりました。僕は思考と行動が別で動いていたんだと気付き、どうにかして直したいと考えています。

 

ブログを書くと決めたら、頭の中もそのブログ記事の内容だけに集中し、英語の勉強をする時には英語のことだけに集中をする。そうやって「いま」に集中をしていけたら、時間というのはもっと効率よく使えるんじゃないかなと。

 

日常生活から「いま」に集中する

取りあえず、今は仕事や勉強だけでなく、日常生活において「いま」に集中するトレーニング中です。

 

今までは思考と行動に無頓着に生きていたので、かなり難しいですが、どうにか続けられています。社会人だと自由に使える時間が限られてしまうので、その中でいかに効率よく時間を使えるか、そのことを意識していきたいですね。

 

それでは、また。

photo by kaniths